2000年12月24日

●N響第9

何とかして入手に成功したこのチケット。譲って頂いた方には心より感謝してます。とにかく今世紀中にNHK交響楽団の演奏を生で聴けることの幸せ。そして、第九。文句なしの好条件です。
年末に第九を演奏する。日本では通例だけど、これは、1928年12月に新交響楽団(N響の前身)が演奏したのがはじまりという。私は、NHKホールへは今回初めて行ったわけですが、ホールの感想としては、ゆったりとはいかないまでも、整然とした客席のレイアウトで、ステージが観やすい感じを受けました。今回は、1階の真中の前方だったから、抜群の位置で聴く事が出来たという訳です。
静かに始まり、ジワッと盛り上がる第1楽章。弦は美しい音色を聴かせてくれました。第2楽章に入って、スケルツォを落ち着いて聴こうと構えてたら、ややテンポが速くてちょっと驚いたのですが、これも自然なテンポで、演奏が重苦しくなく、当然のように流れていく感じさえ受けました。第3楽章に入ると、多分N響独特の、木管楽器の柔らかい音色に、思わず聴き入ってしましました。勿論ながら弦楽器も美しいのですが。
いよいよ、第4楽章に入ると、いよいよだなぁ。って、期待感いっぱいでちょっと姿勢を正してみたり。ソリストは、それぞれに上手で、特に、ウーヴェ・ハイルマン(テノール)と、中村智子(ソプラノ)には、感動しました。国立音楽大学は、さすがに生であれだけの大合唱を聴くと、いつもテレビで聴くのより随分と迫力があって、よくやってるなあって感じがしました。クライマックスでは、感動が震えに変わっていくのを自覚しました。
第九は、曲自体とてもよくできていて、何も年末に限らず何時聴いてもいいものなのですが、今回、今世紀のしめくくりとして、この演奏会に立ち会えたことに、あらためて感激しています。12月29日、NHK総合TVで放映されていましたが、やっぱり生で聴くのは最高です。

続きを読む "N響第9"

●ターラ(東京/池上)

東急池上駅より交番の左手の広い道を行くとあるインド料理店。 N響の第九を聴き終えて、羽田空港に向かう前に、ここを訪れました。
タンドール料理もカレー料理も豊富に揃う本格的なインド料理店だが、ビーフを使う創作料理などは、メニューに工夫が感じられます。
『チキンマサラ』を注文しました。
塩加減は、やや強い様に感じたが、華やかなスパイス感がチキンを印象付ける味わいです。
ここのプレーンナンは、とにかく軽いのが特徴です。2枚は食べたい感じがします。


続きを読む "ターラ(東京/池上)"

2000年12月23日

●フィッシュ(東京/赤坂)

赤坂アークヒルズの一角「アーク森ビル」3Fにあるカレー専門店。
『ベジタブル&キーマカリーライス』を注文しました。
こういうビルに入る料理店には、期待しないという偏見を持っていたのですが、この上出来のカレーには感嘆しました。
特に野菜カリーは、辛いスパイス感と野菜のやわらかい味わいが絶妙なのでした。
キーマも高い水準の味わいです。
サントリーホールに行った際、たまたま見つけたのですが、どうやら東京の人気カレー店のひとつであるらしいです。


●ムルギー(東京/渋谷)

渋谷道玄坂から百軒店通りへ入りスグにあるインド料理店。
まぁ、カレー専門店という感じがするこのお店は、古いレンガ造りの店構えが、創業昭和26年という老舗店の風格を感じさせます。
さっそく、『たまご入りムルギーカリー』を注文しました。
ごはんが、三角の山形に盛られ、その裾野にサラサラのカレーがかけられて出てくるのが特徴的です。
食べる人のペースで、ごはんを取り崩しながらカレーと合わせられるようにという配慮なのでしょう。


2000年12月10日

●来日公演『炎のシンフォニー』

今世紀中にサントリーホールでコンサートが聴ける喜びで一杯です。このチケットをお譲りいただいた方に深く感謝の意を表します。有難うございました。
まず最初のプログラムでは、このオーケストラの美しい音色に興味が集中しました。ヴァイオリンは、非常に立体感のあるアンサンブルを奏でていたし、特に金管楽器は迫力だけでなくこのホール特有の響きを楽しませてくれたような気がします。
中村紘子さんのピアノは、8月の大阪フィルとの共演以来でしたが、力強い演奏でした。この第1楽章では、美しいメロディをきっちり聴かせてくれました。彼女は、ショパンコンクールなどの審査員を務める程、世界的に、その実力が認められているピアニストですが、最終楽章までたっぷりのコンチェルトを楽しませてくれたのは、やはり流石だと思いました。
幻想は、いうことなく圧巻でした。第1楽章の神妙な趣き、第2楽章の軽快なワルツは、とても心地よいものでした。第3楽章では、冒頭より、オーボエ奏者が2階客席の後ろからソロを演奏し、ステージ上で演奏するコールアングレ(イングリッシュホルンとも呼ばれるオーボエより少し大きい楽器)との音の交換を楽しませてくれました。第4楽章は、とてもシリアスな情景を描いた部分ですが、時々、指揮者の“うなり”が聴こえる力のこもった演奏でした。最終楽章では、鐘の音を、粋に演出していました。技術力に裏付けられた高濃度の迫力と、コンサートホールを、広く使った演出で、私たち聴衆を魅了してくれました。この公演は、私が今年聴いた中で、最も素晴らしい演奏の1つです。
アンコールでは、「激しい音楽のあとは、ゆったりとした音楽を」ということで、まずは、アイルランド民謡:ダニーボーイ、続いて「ハンガリーといえば、外せない音楽」といえば、ブラームスのハンガリー舞曲ということで、第5番。そして、第1番。ここで指揮者の提案「幻想のラスト30秒間を演奏しますので、終わると同時に立ち上がって、拍手してあげてください。」とのこと、実際、全員やりました。ハッキリいって感動しました。

続きを読む "来日公演『炎のシンフォニー』"

●いんでいら(東京/渋谷)

渋谷明治通り沿東急イン隣りビルにあるカレーチェーン店です。
インドカレーを手軽に食べられるお店としても有名ですが、やはり名物は『元祖えびめし』でしょう。
早速、『えびめし』を注文しました。
海老がいっぱい入ったカレー炒飯といった感じでしたが、味が濃いっ!この類は、関西では、神戸の 「そばめし」といったところでしょうか?
何れにせよ、今度来た時はカレーを注文してみようと思います。


●ナイルレストラン(東京/東銀座)

地下鉄東銀座駅を上がり晴海通りと昭和通りを交差する地点から数十歩東にある印度料理専門店です。
ここを楽しみたいなら、『ムルギーランチ』を注文するより他ないのです。
ここの魅力は、社長のG・M・ナイル氏にあり、そして、銀の皿に多様な具が満載して来るムルギーランチにあるからです。
テーブル上で、鶏の骨を外してくれるパフォーマンスも小さな楽しみのひとつでしょう。
カレーは、癖になる味です。ナイル社長は癖になる人柄だと、言えるかも知れません。