2001年03月31日

●N響奈良公演

吹く風に、まだ少し冷たさを感じる奈良公園周辺ですが、所々に見られる桜が、花を咲かせています。いよいよ「春」の気配が、身近なところまでやってきたなと感慨に耽りつつ、会場まで1時間余りある時間を、散歩に充ててみました。三脚を立て、本格的に撮影している小さな集団に近づいていくと、そこには、見事に咲き乱れる“枝垂桜”がありました。私には、お花見を楽しむという“風情”は、持ち合わせていませんが、美しいものは、やはり美しいものです。
さて、今回は、年末の“第九”を聴いて以来のN響でしたが、相変わらず素晴らしかったです。アダージョは、ストリングス(弦楽器)のみの演奏でしたが、とても綺麗でした。あたりまえですが、NHK交響楽団はしっかりした技術力の裏づけがあるわけで、だから、演奏にも厚みがあるし、全く乱れません。優れた演奏家が優れた楽曲を演奏する。何て、こころに染み入る曲なんだろうと、ひとり感心していました。
 メンデルスゾーンのイタリアは、終始指揮者が細かく各楽器へ指示を出していて、とても忙しい感じを受けました。第2楽章は、音楽の美しさを充分発揮する演奏で満足でした。第3、第4楽章へと小さく展開するこの曲には、今ひとつ感動を覚えなにくいかもしれないのですが、それでも指揮者の集中力ある指示が、今日の演奏を素晴らしく仕上げていたと思います。
ラフマニノフの2番は、ピアノ協奏曲のレパートリーとして様々な演奏家によって、度々演奏されるので、大変馴染みが深い楽曲です。私見ですが、曲中、これでもかという程、随所にカデンツ(ソリストの自由裁量で演奏される部分)が出てくるのですが、演奏会では、この部分が、この曲の出来を大きく左右するのだと思います。今回のソリストは、素晴らしく、この曲の魅力を存分に表現されていたのではないかと思います。
第1楽章から重くそして心地よい主題による音楽が支配する。第2楽章(緩徐楽章)では、彼女の美しいピアノの音色が目立ちました。終楽章では、NHK交響楽団の偉大さを再確認したというところです。とても素晴らしい。とても満足した演奏だったのでした。
アンコールとして、ハエ=スン・パイク(ピアノ)さんが、リストの「なぐさめ第3番」を演奏してくれました。心があらわれる感じを自覚したところで、演奏会はお開きとなったのでした。

続きを読む "N響奈良公演"

2001年03月25日

●ヌワラエリア(福岡県)

赤坂・けやき通り、警固交差点からスグにあるスリランカ料理店。
広々とした店内には、バーカウンターがある。小さな読書スペースもある。テーブル席は、椅子、テーブル毎にデザインが違うものを使用している。
何となく、わくわくする空間だ。
『スリランカカリー』を注文した。お皿の真中にライス、周りにカレースープ、スープ上に、具が乗るという盛り付けは、姉妹店のツナパハと同じ。
今回、ノーマルな辛さにしたが、いつかまた、リアルレッドを注文してみたい気もする。

●カレー屋辛樹(福岡県)

福岡市内の友丘バス停から医院の前の道をまっすぐ行くと看板が見えてくる。
店内は、カウンター越しに清潔感の有るキッチンが見え、幾つかのテーブル席がある。
『キーマカレー』を注文した。先ずは、カップに注がれた温かいスープが出てくる。大き目のお皿には、カレーと一緒にサラダが乗って来る。キーマは、なかなか整ったお味だ。独特の香りも後味も上品だ。
食べ歩きの都合上、西新から1時間半くらい歩いて行ったが、疲れるので、真似しないで下さい。

●グローリー(福岡県)

西新商店街の中にあるインド料理店。
『グローリーランチ』を注文しました。
タンドリーチキンも楽しめるし、カレーは、7種類の中から選べるのが有り難いかぎりです。
本日、選択した『チキンカレー』は、塩加減や酸味も程よく美味しく頂きました。
ふわふわで、ボリューム満点のナンは、食べ応え有ります。
チャイとクルフィは、別に注文しました。

2001年03月24日

●ゆいまーる(福岡県)

六本松バス停から六本松大通り沿いを少し行くとあります。

「ゆいまーる」とは沖縄地方の言葉で、「助け合い」という意味です。

若い男女でこの小さなお店をやっていますが、2人は、夫婦かどうかまでは良く知りません。

『ゆいまーるセット』を注文しました。

ここのもう一つのメインであるタコスが付いています。

2種類のカレー、食後にはチャイも飲めてお得感があります。

サラサラのチキンカレーは、インド風を意識したものらしいのです。チキンにはもう一工夫欲しい気もしますが、スープにコクを感じる上出来なカレーです。

お勘定する時「またくる券」をもらったのですが、はたして、今度来る日まで、有効なのでしょうか?

●ツナパハ(福岡県)

天神・西通りにあるスリランカ料理店。
あまり広くない店内には、スパイスやら何やら細かいものが、所狭しと並べられている。
スリランカの何某かのイメージを出しているのだと思うが、木でできた骨組みの大きなパラソルの席もある。
『スリランカカリー』を注文した。カレーは、真中に型を使って盛ったライス。周囲にカリースープ。具は、スープ上に、それぞれの具毎に分けてある。
作法とか知らないが、ザクザクッと混ぜながらダイナミックに食べてみた。
しかし、なんとなく「リアルレッド(辛口)」を頼んだ事を後悔した。とにかく辛いっ!

2001年03月10日

●スパイスの秘境(神奈川県/横浜)

京浜東北線関内駅から見える「横浜カレーミュージアム」に出店する7つのレストランの1店。
名古屋(本店のレポートは、別記載)に、本店があります。
『チキンカレー』を注文しました。
玉ねぎをたっぷり使ったカレーは、表面がキラキラ輝いているのが、印象的です。
地鶏(名古屋コーチン)の強い味わいに、充分対抗するルゥの仕上がり具合が、感心するところでしょうか。
ルゥの、加工された味わいは、多少気になるのですが、華やか且つ上品な仕上がりのカレーライスとして、美味しくいただけるのは、ありがたい限りです。