2001年04月22日

●都響プロムナードコンサート

CDでは、ヴィクトリア・ムローバさんのヴァイオリン(指揮:小澤征爾/管弦楽:ボストン交響楽団)の演奏を、聴くのですが、先日、TV放映されていた、諏訪内晶子さん(指揮:チョン・ミョン・フン/管弦楽:フランス国立管弦楽団)の演奏にも感銘を受けたばかりで、かねてから、チャイコフスキーの協奏曲を、生で聴いてみたいと云う気持ちが、いよいよ強くなっていました。
クラシック音楽のプログラムというのは、そうタイムリーに、希望するものに巡り会えないもので、なかなか実現しないで居たのですが、今回、ソリストが、私には、馴染みの多い加藤知子さんであることと、管弦楽が東京都交響楽団という私にとっては初物の組み合わせであることが、一度聴いてみたいという条件が重なました。
とは云うものの、会場は東京のサントリーホールということで、躊躇は無かったとは言い切れませんが、大阪に居て、聴きたいプログラムを待っていたのでは、何時になれば実現できるか分かったものではないという判断が、この度、大阪と東京との距離を埋めたわけです。そして、このプログラムに飛びついたのでした。
演奏家の立場で見るわけではありませんが、一聴衆として、サントリーホールは、とても素晴らしいホールだと思います。先ず、開放的なロビーが過ごしやすく、最近のコンサートホールでは、当たり前のように設置されているクロークも、充実しています。どのプログラムもそうであるかは、定かではありませんが、半券で、場外のカフェに出ても、再入場できたりして、とても親切に感じます。
また、正面ゲートでは、一定の時刻または、開場時間が来ると、壁から、機械仕掛けの人形とパイプオルガンが現れ、自動演奏が楽しめるのが、特徴的なセレモニーとなっています。時間に余裕がある方は、開場前に、到着され、正面入り口前で、この小さなイベントを楽しんで見るもの良いかも知れません。
さて、コンサートの方ですが、前半のコンチェルト(協奏曲)は、ソリストの力量に大変感銘を受けました。カデンツァの部分は、極めて丁寧でありながら、力強く、プロなので当然ですが、難曲をしっかり弾きこなしていて、素晴らしかったです。
やはりライブ演奏を聴くというのは良いものだと、つくづく思いました。音以外に、ホールの条件や聴衆の雰囲気、オーケストラとの“まわい”というか、“息遣い”のようなものが、五感に伝わるので、間違いなく臨場感が違います。都響の演奏も、とてもエネルギッシュでした。
後半の、シンフォニー(交響曲)は、曲自体に、心が揺れる印象を持っているのですが、最初から最後まで、劇的な“いい時間”を過ごせました。
アンコールは、歌劇「エフゲニ・オネーギン」より<ポロネーズ>ということでした。

続きを読む "都響プロムナードコンサート"

2001年04月21日

●エチオピア(神奈川県/横浜)

京浜東北線関内駅から見える「横浜カレーミュージアム」の中に出店するカレー専門店。
本店は、東京・御茶ノ水にある。
『野菜カレー』を注文した。最初に、吹かした皮付きのジャガイモが、バターを添えて出される。
続いて、メインのカレーが、丸いお皿に半分ライス半分、カレーのスタイルで登場する。
スパイスの、鋭い香りが苦手な人には、癖の有るルゥが、敬遠されるかも知れないが、インドカリーが好きな人には、たまらない味わいと云えるかも知れない。
食べても食べても野菜たっぷりのカレーが、ボリューム満点だ。

●パク森(神奈川県/横浜)

京浜東北線関内駅より見える「横浜カレーミュージアム」の中に出店しているオリジナル和風カレーのお店。
本店は、東京・市ヶ谷にある。
『パク森カレー』を注文した。本店では、『大吉カレー』というそれは、ライスの上には、ドライに煮込んだ挽肉のカレーがペタペタと敷き詰めてあり、その脇に、甘辛いカレーソースが掛けられている。
カレーとしては、スパイスよりも出汁を優先したというか、家庭的な味わいというか、少し物足りなさを感じる。
お料理としてのセンスは宜しく、技ありの美味しさだ。

2001年04月16日

●琉球珈琲館(沖縄県/那覇市)

国際通北行き側の松尾バス停近くで、『ぶくぶく茶屋』なる面白そうなカフェがあったので入ってみることにしました。
というのも表の看板に、タコスカレーなる標識があったためですが。もちろん、注文は、『タコスカレー』です。ついでに、ここのお店の名前からして、頼んだほうがよさそうな、『ぶくぶくコーヒー』を、注文しておきました。カレーなのか?と思いつつも、“ごはんもの”としては、なかなかセンスがよくて、けっこう楽しめました。
ぶくぶくコーヒーは、まだかなぁ?と、待っていても退屈になってきたので、調子に乗って、マンゴーカレーをも、注文しました。しばらくすると、コーヒーよりも先に、カレーが、やってきました。
これはこれで、たいらげて、コーヒーを、待ちました。どうも、何か、手違いがあったみたいで、結局、時間の関係上、ぶくぶくコーヒーは、呑めなかったのでした。