2003年03月15日

●情熱のタクト

大阪センチュリー交響楽団の公演を聴いたのは、昨年の5月「いずみホール」での“いずみ定期演奏会No.11”以来で、ザ・シンフォニーホールでの同響の演奏会となると、約1年ぶりです。あまりにも近すぎて、疎遠となっていたことを反省しながら、久々に聴くセンチュリーの美しい響きに、大きな期待を寄せて、ホールに向かいました。
これも季節感というものでしょうか?この時期は、花粉症に悩まされている人も少なくないかと思いますが、演奏家もその例外ではないらしく、きっと花粉症なのだろうなと思われる人が、視覚的に感じられました。弦打楽器はとりあえず良いとしても、管楽器の方は、花粉症だと、普段以上に、口を大きく開けてブレスをする必要があるように見受けられ、かなり、お気の毒に感じられました。
演奏会は、シベリウスのフィンランディアで始まりました。指揮者のコバケンさんは、オープニングから、パワフルなタクト裁きを見せてくれました。コバケンさんの音楽に、もう少し“サラッ”とした演奏を期待した私が間違っていたのかも知れませんが、やや頑張りすぎに聴こえる管弦楽が、静かに聴きたかった中間部を、グイグイと演奏していったので、私には騒がしくてなりませんでした。
ラフマニノフのピアノコンチェルトは、ちょうど2年前に、NHK交響楽団の演奏会で聴いて以来のライブ演奏を聴いたのでしたが、この楽曲は素晴らしいと、あらためて思いました。 演奏は、ピアノソロから入る第1楽章の冒頭は、かなり丁寧に弾いておられたように感じました。厳かな行進曲のような部分では、管弦楽が頑張っていた分、ピアノソロに、もう少しエネルギッシュな部分を求めたかったような気がしました。
第2楽章では、フルートのオブリガートに、ニュアンスの不自然さを感じましたが、分散和音でのクラリネットの音色がとても美しく、概ね心地よい音楽が聴けました。第3楽章は、メロディ的にも音量的にも壮大なスケールで展開しますが、終盤のロマンチックなメロディは、まさにクライマックスといった感じで、個人的には、この楽曲の好きな部分でもあるのですが、今回、質の高い弦楽器群の美しい響きと、ピアノソロとの両方を、堪能させてもらい、とりあえず満足かと思います。
今年は、既に、ベートーヴェンの交響曲第7番は、2月に読売日本交響楽団の公演で聴いています。CDなんかでは、1週間に、5回以上は聴いているほど、好きな楽曲です。今回の公演は、このプログラムの為に、聴きに来たと言って過言では有りません。
ミストーンについては言及するつもりはありませんが、色んな意味で、思いの外の演奏でした。かみ締めるようなテンポで終始した第1楽章は、私見ですが、オーボエとフルートの葛藤が興味を惹き付けました。何への気遣いか?やや走りたいフルートに対して、我慢のオーボエが、なんとなく健気でなりませんでした。
第2楽章は、コバケンさん特有ともいうべき、粘りの有るフレーズの取り方が、情熱的な音楽を、演出していたとは思いますが、まだまだ指揮者の意図したい事があったような気がしました。響きを大切にした第3楽章は、好感が持てました。静かな音楽の部分は、普段気に止めないというか、聞き流しているのかもしれませんが、今回、しっかり聴かせて貰いました。
第4楽章は、良くも悪くも迫力の有る演奏でした。金管楽器の響きは、とても迫力がありましたが、もう少し、細かい打ち合わせを、要したのではないかと思うような部分があったのが残念です。具体的には、再現部に入るブリッジのような部分で、トランペットが、ロングトーン&クレッシェンドに続き、“タッターン、タッターン”と、ファンファーレ風に吹く処が2回あると思います。今回は、やや誇張気味に演出していたのですが、普段と違う分、2回(特に2回目)共、うまく合っていませんでした。また、所々で濁った和音が感じられたのは、気のせいでしょうか?
プログラム全体を通じて、コバケンさんの音楽を楽しめたという点は、充分に満足しています。アンコールのブラームス作曲「ハンガリー舞曲集」より第1番を演奏するに先立って、コバケンさんは、コンサートマスターに、「白鳥」「塩が足りない」の日本語を、ハンガリーの言葉で、発音してもらいながら、日本語とよく似た言葉があることを紹介されました。この話題は、以前、コバケンさんが指揮する公演を聴きに行った時も、されていましたが、今回も、その時と同様に、客席では、笑いが起きていました。
なお、打ち合わせに無いと言いながら、ベートーヴェンの交響曲第7番の終盤30秒程を、最後にもう一度演奏されていました。演奏家の皆さんに対して、コバケンさんが、楽譜の「Kからお願いします。研一郎のKです。」とか、言っておられたのも、客席では、受けていました。
今回は、演奏家が日本語が分かるので、オーケストラに内緒で、客席と打ち合わせして、演奏終了後のスタンディングオベイションをするといったコバケンさんからの提案は、有りませんでした。

続きを読む "情熱のタクト"

2003年03月09日

●サンタナ(御堂筋線/なんば)

今年から、以前より2棟ほど、御堂筋側のビルの2階に、お店を移転したサンタナさん。
私見だか、美味しさも増した気がする。何故かと言うと、以前は、よくナンを残してしまったのだが、最近は、何時行っても“ペロリ”と、平らげてしまう。
前から、美味しいインド料理を味わえるお店だったが、無意識ながら、それは、たぶん、さらに美味しいからだ。
クンナさんも、あいかわらず、いいキャラクターの店主だ。また行きたくなるお店のひとつだ。
ちなみに、今日は、ランチで、野菜ばっかりのセットにした。

2003年03月04日

●第27回 大阪フィルの夕べ

『第27回大阪フィルの夕べ(3月4日開催分)』の、招待状が届いたと知ったのは、2月3日(月)の応募締め切りから、2週間後の2月18日(火)夜、仕事を終えて帰宅したときでした。この音楽会は、大阪府教職員互助組合による“音楽鑑賞を通じ、大阪府の文化・芸術の振興、発展に寄与することを目的”とした事業として企画されたもので、私は、渡辺玲子さんのファンサイトに、読者の方から寄せられた情報をヒントに、この企画を知るに至り、応募に間に合うことが出来ました。
3月3日と4日の両日、大阪フェスティバルホールで開かれるクラシック音楽会に、互助組合の会員、退職会員、大阪府民(小学生以上)に限られた応募資格者の中から、抽選で合計5,200人が無料招待されたものですが、どの位の倍率かも見当が付かず、しかも、「多分、会員か退職会員が優先され、大阪府民は、応募資格はあるものの劣後的に抽選されるんじゃないか?」という憶測というか、勝手な勘ぐりをしていて、きっと、選外の連絡が届くのだろうと思っていたたげに、意外にも、この度の招待状が届いた事には、とても驚きました。そして、この鑑賞機会に遭遇できた全ての要因に感謝しています。
この音楽会には、応募した際に申告した名簿どおり、私と私の両親との3人で行くことにしていました。座席券の引き換えが午後5時からということで、両親に並んでもらい、私は、仕事場から直接会場に向かうため、午後5時過ぎから5時30分頃に、現地で落ち合う約束にしていました。岸和田市内にある仕事場を、午後4時30分過ぎに出発して、会場が有る肥後橋まで約28kmの道中、高速道路で、事故処理による渋滞箇所があったのと、会場近くで駐車場を探すのに時間をロスしたため、実際には、午後5時40分頃に会う事が出来ました。開演時刻の6時30分まで、少し時間があったので、待ち合わせた地下街のカフェで、コーヒーとミックスサンドを、お腹に入れてから、会場に入りました。
会場の大阪フェスティバルホールは、広いホールなため、聴きやすく、観やすい席が取れるかどうか心配していたのですが、有りがたい事に、両親が、1時間も前から並んでくれたらしく、1階席の中ほどの通路より上段のボックス席の後ろで、2階席のヒサシが少し被る位置ではありましたが、わりと良い席が割り当てられたようで、これまた感謝しています。
コンサートは、スメタナの交響詩「モルダウ」で、静かに、はじまりました。響きを大切にするというのか、大人しい音楽というのか、音楽会の幕開けには、「華やか系」の楽曲も良いですが、こういう「しっとり系」というか、「こそばい響き」も、気楽に聴けて、良かったかと思います。
簡単に言うと、このコンサートに、応募した訳は、次の楽曲にありました。いよいよ渡辺玲子さんが登場するチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲です。
私の勝手な感想と想像ですが、今回は、“ソリストの一人勝ち”という印象を、強く受けました。2管編成での伴奏は、管楽器のバランス、楽器間でのフレーズの受け渡しに、多少ギクシャクした感じを受けましたが、綿密な音合わせの時間は無かったと察するに、仕方ない部分もあると思います。第2楽章では、テンポが、うまく決まらなかったという印象を受けた点と、楽曲を通しては、ソリストが、伝えようとしているメッセージに対して、管弦楽も指揮者も、反応が、やや冷やかだったという印象を受けた点が残念でしたが、逆に、音合わせの時間が少ない本番でも、ある程度の音楽を聴かせる処が、“プロの為せる技”だと考えると、個々のパーツ毎に、色々な楽しみがある演奏だったと、言えなくもありませんでした。
勿論、渡辺玲子さんの演奏には、素晴らしいものがありました。同じ楽曲で、今まで聴いた何人かの演奏者とは、違った間合いがあったり、同ソリストに、独特な感じを受ける唄いまわしが感じられたりという面では、色々と“ああっ!”と、思わせてくれました。次は、「指揮者、ソリスト、管弦楽」の三者による、音楽的な表現の均衡を、楽しませてくれる事を期待したいと思います。
後半のプログラムは、馴染みあるフレーズがたくさん出てくるムソグルスキーの組曲「展覧会の絵」でしたが、これについては、ソロ部分も全体合奏部分も、随所に楽しめました。ラヴェルの編曲の成果か?オーケストラでは余り使われないアルトサックス等の楽器を使ったソロは、とても、美しいメロディを奏でていました。後半のプログラムは、「まる」でした。
ちなみに、アンコールは、チャイコフスキーの弦楽のためのセレナードより第2楽章ワルツでした。

続きを読む "第27回 大阪フィルの夕べ"

●ナビン(四ツ橋線/肥後橋)

本日は、両親を連れて、大阪フェスティバルホール(肥後橋)で行なわれた、大阪フィルハーモニー交響楽団のコンサートに出かけました。
その帰りに、インド料理をというわけで、肥後橋といえば、『ナビン』へ、約1年以上ぶりに行きました。
3人だと、メニューも、色々と注文できるというもので、さっそく、ラッシー、インドビール、ホットチャイと、それぞれ食前の飲み物を注文しました。
まずは、フィッシュティッカ、ハジャラチキン、トマトのサラダといった、前半の食事。
続いて、ほうれん草、えび、まめ、のカレーと、ナンを注文。
仕上げに、デザートは、パッションフルーツのアイスクリーム、マンゴームース、ライムシャーベットにしました。
久々のナビンさんに、大満足しながら、食後のチャイを、ひとり楽しんだのは、言うまでもありません。

続きを読む "ナビン(四ツ橋線/肥後橋)"