2003年05月28日

●第85回 定期公演

2003年4月から、大阪センチュリー交響楽団の主席指揮者に就任したという、小泉和裕さんが指揮する定期演奏会でした。就任記念ともいうべきこのプログラム。楽員の皆が、さぞかし高いモチベーションを以って、演奏に臨まれている事かと、期待に胸を膨らませて会場に向かいました。
ホールに入ってから、ホワイエでコーヒーを飲みながら、リラックスタイム。ギリギリに着席して見たのですが、どうも満員っぽく有りません。ていうか、私の隣席は空席でしたし、1階席でも、ぽつらぽつら空席がありました。「これは不味い!」と、心の中で叫びつつ、始まった演奏に、その予感は的中してしまいました。
重箱の隅を箸で突っつくような気は、元から有りませんが、前半のプログラムで、拍手を贈りたい場面は、ついに見つかりませんでした。ソリストは、非常にデリケートに音符を連ねてくれて、技術力の高さを感じはしたのですが、私の耳との相性が悪かったのでしょうか?ブラームスの楽曲では、ついつい期待してしまう“心を動かすフレーズ”が、ほとんど無かったように感じました。
何となく押し切った感じが否めなかった、後半のプログラムでは、少しは、持ち直したかな?という感想でした。指揮者が、気分良く?唄っていた(ような気がする…)第2楽章は、楽しめました。
管楽器は、強く出るときは、フレンチホルン以外は、バランスが取れるのですが、木管楽器のソフトなサウンドには、もっともっと、緻密なアンサンブルを、お願いしたかったと思います。弦楽器は、フォルテでは、頑張って鳴らしていたと思います。ただ、センチュリー特有の弦サウンドに期待する一観衆としては、意外でした。粒ぞろいで洗練された弦楽器群による音符の集合体が、クリアな故に、鋭く且つ立体感のあるサウンドを楽しませてくれた従来に較べると、パワーの集合体による、音のかさ上げが、やや押し付けがましい印象がありました。
聴く側の趣味の問題ですが、それが、良い意味か悪い意味かは、今後の演奏会を聴く中で、明らかになっていくのだろうと思っています。
今回の演奏会は、正直なところ、残念ながら、賞賛に値し難い印象を、終始受けました。以下は、何の根拠も無い私の勝手な憶測に過ぎませんので、私の戯言としてお読みいただきたいのですが、指揮者は、主席指揮者に就任する以前にも、何度も大阪センチュリー交響楽団と、共演していますし、私ですら、幾度か、その演奏会を鑑賞した経験がありました。当然ながら、指揮者は、これまでの大阪センチュリー交響楽団との経験から同オーケストラの実力を踏まえた上で、この度の就任にあたって、同オーケストラに、幾つもの演奏上の期待を寄せたのではないか?と、思うのです。ただ、残念ながら、オーケストラ側は、それを消化するだけのキャパシティ(容量)を、超えてしまったか?もしくは、時間が足りなかったか?という情況に陥ったかの印象を受けたのです。今回の演奏会を聴くという事は、私には、フラストレーションの多いものとなってしまいました。
いろいろな問題はありました。しかし、一音楽ファンとしては、けっして落胆するものではありません。何故なら、それは、今あるオーケストラが素晴らしい技術を持った集団であるという前提で、その中にも、課題がたくさんあるということが、分かったという事に過ぎないからです。また、新任指揮者の登場を契機に、新しいファン層の獲得という意図が、はっきり感じられました。既往のファン層を、守っていく事も大切ですが、それだけでは、大阪のクラシック音楽文化は、低迷するばかりだと思うので、ぜひ、成功して欲しいと思います。
いま始まったばかりの小泉さん時代に、むしろ期待が高まるばかりです。「次は、この点が、その次は、あの点が、」と、少しずつ、新しい指揮者の風が吹き込まれて行けば、今までとは、違った感動を、今までと同じオーケストラから得られると思います。そう考えるに連れ、次回以降の演奏会が楽しみになってきました。まぁ、プロ野球のペナンとレースに例えていうなら、「開幕試合には、負けたけど、長いシーズンの1試合に過ぎない。」というところでしょう。“残り試合”の奮起に、期待しつつ。

続きを読む "第85回 定期公演"

2003年05月10日

●第368回 定期演奏会

新生大阪フィルの、門出ともいうべき、このプログラム。今シーズンから、定期演奏会の会場は、従来の大阪フェスティバルホールをやめて、ザ・シンフォニーホールとなり、しかも各2回公演となりました。新音楽監督就任記念演奏会は、満員の観衆の前で、マーラーの「復活」という、大曲で飾られたわけです。 会場に、6時過ぎに到着した私は、いったん、席へと向かいました。まだ、お客さんも、ステージの上も疎らで、自分の席だけ確認して、ホワイエに行きました。そこで、サンドイッチをパクつきながら、ホットコーヒーを、啜っていました。ちなみに、このホールは、外からの持ち込みによる飲食はできません。ホール内で、販売しているもののみ飲食ができます。ほどよく開演に近付くと、トイレをすませ、10分前に着席しました。場内は、チケット完売らしく、7割方お客さんが着席し始めていました。ステージ上では、殆どの楽員さんが、音出ししていました。
このプログラムは、合唱付きなために、ステージ後列に、3列ほどと、クワイヤ席全部に、合唱団がスタンバイしていました。オーケストラも、フルメンバー、プラスアルファーなため、目一杯、ステージに乗っていました。ちなみに、ソリストは、第3楽章の前に、登場しました。
拍手の中、コンサートマスターが登場して、先ずは、ストリングス(弦楽器)のチューニング。そして、管楽器のチューニングと続きます。舞台下手より、新音楽監督の大植英次さんが登場し、舞台中央に向かう間も拍手は大きく、指揮台の上から観衆を見渡すようにしたとき、一段と大きな拍手が、会場を包みました。なるほど、「みんな、この人を観に来たんだな」と、思いました。
いよいよ第1楽章が、緊張感の中で始まりました。その堂々たる響きは、大植さんの、力強い動きとともに、新しい大阪フィルの響きとして、新鮮に受け取れました。頭の音の揃い方を聴くに付け、かなり緻密にリハーサルされたことが伺えます。予想していたより、やや遅いテンポで進んだ第1楽章は、たっぷりと楽しませてもらいました。中でも、クラリネットのトップの方は、聴覚的にも、視覚的にも、頑張っていたと思います。この楽曲は、第1楽章だけで、堪能できてしまうのですが、続く、第2楽章も、緊張感が途切れることなく、ゆっくり聴けました。
少しテンポを感じる第3楽章では、特に、E♭クラリネット(たぶんクラリネットの一番下手側の人は、エスクラだったと思います。)が、美しい音色を聴かせてくれました。
第4楽章でのメゾソプラノのソロは、大変落ち着いたお声で、良かったかと思います。コールアングレ(イングリッシュホルン)は、心地よい響きでした。
聴きどころ満載の第5楽章は、何から書いてよいかわかりませんが、やはり10器のフレンチホルンのベルアップでのトゥッティが、迫力ありました。
全体として、メゾフォルテ以上の音量での部分は、安心して聴けましたが、ピアノより静かな部分では、特に、管楽器で、気がかりに思う部分が、幾つもあったように思います。それでも、これだけ、モチベーションの高い演奏を聴かせてくれれば、細かい内容に期待するのは、次回以降で良いと思いました。
とても感動した演奏会でした。今後の大阪フィルの定期公演が楽しみです。

 
続きを読む "第368回 定期演奏会"

2003年05月06日

●ティーターンカール(沖縄県/北谷町)

ランチに、時間的な余裕があったので、那覇から1時間弱北(タクシーで約3千円、バスで約5百円)にある北谷町で、カレーとなりました。
あまり、しっかりしていない感じがするお店の外観に、???と、思いつつも入っていくと、店内は、とても洒落た雰囲気なので、ホッとしました。 チキンカリーを、注文しました。
カレーは、平皿をひいた円形のカレー皿に注がれていて、別の平皿には、ライスとチキン唐揚げが盛り付けられて出てきました。
ややビターな口当たりのカリーは、お口の中で、かなりはっきりした玉ねぎの甘味が広がります。この自然な甘味は、私的には嫌味がありませんでした。
辛党の方には、勿論、辛さの調節が可(有料)なようです。 高級素材を、惜しみなく使ったイメージがしますが、ランチでも、お値段もそこそこしました。


2003年05月05日

●カリータイム(沖縄県/那覇市)

ひめゆり通り沿いにある赤唐辛子の形の看板が目印の『カリータイム』は、与儀小学校の通り向かいにあります。
カリー専門店に、こだわって15年というのは、伊達では有りませんでした。
今回は“ムルギーカリー”を注文しました。7段階用意されている辛さは、普通(家庭用の中辛程度)としました。
大きい、骨付きチキンは、さっぱり味ながら食べごたえがあります。ホールスパイスが、こさずにそのまま入るカリーソースは、立体的なスパイス感が楽しめます。
黄色いターメリックライスは、“餅餅感”があり、かなり良好です。