2004年01月31日

●無伴奏ヴァイオリンリサイタル

地元とは言いながら、初めて行くイシハラホール。その立地は、地下鉄「肥後橋」駅5-B出口直ぐで、とても便利です。また、建ってから10年程という同ホールは、中はとても清潔で、座席も、ゆったりとしていたし、音の響きも、臨場感が損なわれず、とても敏感に伝わってきて、聴衆としては、とても良い環境の中で音楽会を楽しめました。大阪にも、こういう、しっかりとした小ホールが、あったことを再確認出来た事は有意義です。
さて、ヴァイオリン1本で、どんな音楽会が成立するのかという事が、私には、想像がつきませんでした。但し、プログラムの中心が、バッハの作品という点で、難解な音楽を、聴かされるのではないかという不安が、排除されていたので、開演時間が近付くに連れ、いろんな心配よりも、むしろ、期待感の方が、大きくなってきました。
黒地に、銀色が眩しい花柄刺繍のドレスで、渡辺玲子さんが、ステージ上に、たった独り登場し、演奏が始まると、まず、ヴァイオリンの響きに、感心させられました。確かに、弾いておられるのは、当然、ヴァイオリンで、音域も、ヴァイオリンそのもので、それ以外の何物でもないのですが、木の感触というのでしょうか、まるで、ヴァイオリン・チェロがゴリゴリと演奏しているのを聴いているかのような、心地よい響きに、ヴァイオリンという楽器の、凄さを感じました。勿論、それを見せつけるかの如く、弾きこなしている彼女には、もっと感心させられました。第1曲目は、あっという間に終わったという感じでした。
15分間の休憩を、挟んで、バッハの楽曲が、2曲続きました。ソナタの1番といい、パルティータの3番といい、TV番組やCMなんかで、なじみのフレーズが出てくる度に、バッハの音楽というのは、ヨーロッパだけではなく、私たち日本人の日常にも、自然に受け入れられている事を、実感しました。けっして、奇抜ではないし、無理が無い。それでいて、退屈しないという、この音楽が、3百年近くも前に、作られたものと考えただけでも、「音楽の父」とも云われる、この作曲家の偉大さを、思い知らされます。
また、音楽そのものの素晴らしさというものは、楽譜の上だけでは、一般の人々に対する、説得力がありません。やはり、それを表現する演奏家の力が、必要不可欠である事を、つくづく感じました。そういう意味で、本日の音楽会では、彼女が、その素晴らしい演奏を聴かせてくれたことに、一聴衆として、とても満足しています。また、クラシック音楽を聴くとき、度々思うことですが、逆に、作曲者は、たとえば3百年後に、自分の作品が、日本という場所で、日本人に演奏されることを、予定していたのか等、いろいろと想像すると、別の興味が、湧いて来たりします。
最後に、演奏された、ヒンデミットの作品ですが、私は、同作曲家の作品は、過去にあまり聴く機会が無くて、ある演奏会で聴いた時の印象も殆ど残っていません。今回の楽曲については、演奏を聴いてみて、きっと、高度なテクニックが要求されているんだろうなとは思いました。それを、メリハリのあるスマートな音楽に、サラッと、弾いて魅せる彼女には、感心させられるばかりでした。アンコールとして、もう一曲というのは、ありませんでしたが、最後のこの曲は、その代替的な楽しみ方が出来たと思います。

続きを読む "無伴奏ヴァイオリンリサイタル"

2004年01月21日

●’04浪切ニューイヤーコンサート

仕事の関係で、岸和田市役所には、頻繁に行く機会があるのですが、今回のニューイヤー・コンサートは、インフォメーションに置いてあったチラシを見て、この催しを知りました。2004年、最初の音楽鑑賞は、気軽にきける音楽を、両親に聴かせてあげようと思っていて、その考えに、合致するプログラムと判断して、チケットを購入するに至りました。
当日は、午後5時過ぎに仕事を切り上げて、岸和田駅まで、電車で来た両親を、マイカーで拾い、『丸亀うどん』にて、夕食を、とることにしました。ここは、人気のうどん屋さんですが、まる5年も、岸和田市内で働いていながら、今回、初めて行ったのでした。ちなみに、3人とも「野菜天ぷら定食」を、注文しました。天ぷらは、堪能しました。ミニうどんも、五目御飯も、大変美味しゅうございました。けっこう“おすすめ”です。
うどん屋さんから、南へ真っ直ぐ行き、塔原線を、右折れ海側へ直進すれば、ホールに着くのですが、せっかく、両親を、岸和田まで、呼んだので、岸和田城の周りを、案内がてら、塔原線を少し行き、南海の高架を海側へくぐった先にある「城見橋」を、右手に案内しながら、コンビニのある信号左折し、市役所の前を通り、「こなから坂」を降りました。信号を左折し、消防署の前を通り過ぎ、本町側から、お堀越しに、天守閣を眺めながら、「だんじり会館」へ。蛸地蔵駅前下りから、大工町の町中へと迂回、大北町を経由し、コンサート会場の『岸和田市立浪切ホール』へ、向かいました。ポイントを、さらっと流しただけで、立ち寄ったりはしませんでした。それにしても、夜のお城は、ライトアップされていて、とても美しいものでした。
  この会場は、いわゆるカンカン場にあり、公共交通機関を利用してのアクセスが、少し辛い面もあるのですが、隣接するベイサイドモールでは、いろいろと楽しめる施設なので、早めに着いて、時間調整というのでも、けっこう退屈しないかも知れません。浪切ホールは、まだ新しいせいもあって、とても、清潔な感じがしました。座席のスペースも、ゆったりとしていて、快適でした。
通常、このレポートでは、どんな演奏会だったのかを、書いたりしていますが、今回は、演奏の内容については、あまり触れるつもりがありません。何故なら、演奏会の中身をどうこう云うスタンスで、聴きに行っていなかったし、実際、“そういう演奏会では無かった”からです。むしろ、新しい年を、どう祝うかという選択肢のひとつとして、有意義であれば、自分としてはOKなのでした。
コンサートは、門田裕さんの司会により進行し、前半、後半に、それぞれテーマを持ち、適当な、寸法の楽曲が、選曲されていて、とても聴き易かったと思います。また、聴衆のマナーも、大変良くて、楽しいひとときを過ごすことが出来ました。
アンコールは、スメタナ作曲、歌劇「売られた花嫁」より「道化師の踊り」でした。

続きを読む "’04浪切ニューイヤーコンサート"

2004年01月02日

●KAPI(沖縄県/石垣市)

石垣島最終日は、朝から、散歩していたところ、雨が、ひどくなって来たりして、さんざんだったのですが、ランチも、時間が無い中、 慌ただしく頂く事になりました。『KAPI』は、旅の情報誌では、たいてい載っている定番店のようです。「タイ風グリーンカレーのランチ」 を、頂きました。お店の雰囲気的には、ファミリーでも、お独りでも大丈夫な感じてす。


2004年01月01日

●ペピート(沖縄県/石垣市)

石垣島で、エスニック料理屋さんの看板を、見つけたので、何の期待もなく、入ってみました。 昨年末の12月27日オープンしたばかりという、このお店の主人は、世界中の様々な国で、暮らした経験のなかで、 現地で食べたものの真似から、どんどん、料理のレパートリーを、広げてきたのだそうです。今回、注文した『ソーキのカレー煮込み』は、 けっこう感動もののメニューでした。このお店は、オープンして、間もなかったせいか、メニューが、あまり多くなく、野菜系のメニューが、 もう少しあると、嬉しかったのですが、これは、追々追加されていくことを期待したいと思います。(現在ラーメン餃子店)


●レストラン浦内(沖縄県/竹富町)

西表島西部を、観光するため、レンタサイクルで、浦内川へ行った際に、ランチのため訪ねました。 観光コースの昼食ポイントとして利用されているようで、広い店内は、座席数も多く、スペースが確保されています。また、 お土産物コーナーがあったりします。ガザミそばセットや、ゆしどうふセットが、おすすめメニューだそうですが、黒紫米(古代米)を、 使ったライスとあわせるカレーも人気が有るようです。カレーは、普通のビーフカレーでした。今回、カレーより、 それにあわせる黒紫米ライスの美味しさに、感激しました。大阪に帰ってきてからも、食べたいと思い、お土産に、買ってしまったほどです。 それが、無くなっても、黒米(ウルチ米)として古代米が、手に入るものがあるので、時々食べています。米3合に、 黒米スプーン2杯ほど混ぜて炊くのですが、分量は、アバウトでも、けっこう楽しめます。