2005年07月17日

●ナッシュカリーアメリカン倉敷本店(岡山県/倉敷市)

この3連休は、HPのやり変えやら、なんやら、色々と、やりたい事があり、その割には、 何もかも、うまく進まない情況に、ちょっと、行き詰っています。
という訳で、気分転換に、というより、車の運転は、普段ストレスが溜まる方の行為なのですが、逆転の発想で、あえて、ドライブなと、 してみようと思いました。そして、辿り着いたのが、倉敷でした。
何も、目的を持たずに、来たので、ポタリングの下見というには、自転車も、持って行かなくて、まぁ、ランチには、カレーでもという事にして、 ナッシュカリーアメリカン倉敷本店へ行きました。
滅多に来ない処なので、おすすめの単品を、注文しても良かったのですが、せっかくなので、コースセットを注文しました。
内容は、①スープ、②サラダ、③おすすめのカレー、④デザート、⑤ドリンクという、ちょっとしたもので、
カレーまでは、決まっていて、
①は、コーンポタージュスープ、②は、玉子とコーンのマヨサラダ、③は、若鶏の梅肉包み揚げとコーンクリーミーコロッケのカリー。
カレー後は、チョイスできます。
④は、杏仁豆腐、マンゴープリン、ソフトクリーム、パンナコッタより、1品
⑤は、コーヒー(ICE or HOT)、オレンジジュースより、1品
カレー後は、マンゴープリン、ホットコーヒーを、頂きました。
カレーは、よく煮込んであるせいか、スパイスの尖った感じは無く、それでいて、スパイスが、身体に、効いてくるような、感覚がありました。
本日は、何だか、“とうもろこし”ばかり、 食べたような気がしないでもありません?
明るい感じの、お店の雰囲気も、過ごしやすい空間でした。


本日のおすすめカリーマンゴープリンとホットコーヒー

 

2005年07月15日

●E’s STYLE(大阪府/泉大津市)

泉大津市役所の正面入り口側前の通りにあるカフェ。
玉ねぎの絶大な旨味と、素材自体から、自然に、醸し出されてくる甘味が、料理として、美味しいカレーです。
ビーフカレーに、有りがちな、クローブを、嫌味なまでに使った形跡はなく、それでいて、ビーフの美味しさを、きっちりと、引き出してある、バランスのとれた味わいなのに、感心しました。
何よりも、カレーは、熱い事が有難いのです。
オニオンスープは、また美味しい。

2005年07月10日

●アシヤナ(四ツ橋線/なんば)

建物の外観は、オレンジのテントひさしの看板と、黄色の盾看板から、期待薄いかなぁ?という先入観を、捨てることにして、入ってみたインド料理店。
店内の雰囲気は、木のインテリアよろしく、白熱電球の傘の隙間から漏れる明かり具合も程よく、また、テーブルの上に置いてくれるロウソクは、うまく雰囲気を、演出していました。
お客さんが、けっこう入っていて、活気があるけれど、店員には、慌しさがなく、とても、落ち着ける空間といえそうです。
“アグラセット”を、注文しました。あまり、待たされる感じもなく、注文の品が、出てきました。
カレー2種類(ポークとほうれん草のカレー&エビのカレー)が、楽しめて、ナン、ライス、サラダ、タンドリーチキン、ゼリーまたはチャイという、ボリューム的にも、値段的にも、大満足でした。
2人用のディナーメニューが、豊富なので、次回は、連れと行きたいところです。

2005年07月08日

●第390回定期演奏会

演奏会を聴くという以前に、定期会員の悪い面を、紹介したいと思います。それは、座席が、毎回同じであるという点です。
つまり、私の両方の隣も、前も後ろも、だいたい定期会員ですから、毎回、同じ人が、座っています。それは、席を売る側は、良い点のうたい文句としているくらいの事柄でもあるのですが、実情は、逆と思います。何故なら、毎回、両隣が、辛いからです。左となりからの口臭、右隣からの寝息、この2点が、音楽を聴くための集中の妨げになっています。特に、口臭は、耐えかねます。というか、拷問に等しいです。
座席を決めるときに、わりと、良い所が開いていたのだと、思いましたが、きっと、去年、その席に座った人は、回避したのだろうと、勘ぐりたくなるくらい、結果的に、酷い席でした。私も、聴衆のひとりですから、他のお客さんから、同じように、思われることが、あるのかもしれませんが、公衆の場では、ちょっとは、気を遣うべきだと、つくづく思っています。それと同時に、もう定期会員は、止めようかとすら、思っています。
今回の演奏会は、リトアニア生まれの指揮者にちなんで、前半のプログラムは、リトアニアの作曲家による楽曲が、選曲されていました。わりと、新しい年代の作曲家らしく、音の響きも、現代的なものに、感じました。
後半は、「火の鳥」でした。舞踊音楽ということで、けっこう、情景を現した音楽で、しかも、短い音楽が、展開していくので、聴きやすく、飽きない感じでした。
座席の件は、あとまだ、続くので、一度、主催者に、相談しようかと、思います。

続きを読む "第390回定期演奏会"