2005年10月30日

●サンマルコ(南海/大阪難波)

本日は、午前中、スキューバ・ダイビング器材などの調整と、講習の関係で、神戸に、行っておりました。引き続き、毎週日曜日の午後は、なんばに、用事があるので、大阪へ戻り、夕方まで居まして、おなかが、空いてきたので、髙島屋大阪店の東館地下にあるカレーショップへ行きました。
ここでの、私的定番ともいえる「イタリアントマトとナスビのカレー」を、注文しました。
挽肉(豚肉?)と、ナスビとの、絡み具合というか、相性というか、美味しいと思えるカレーは、実に、シンプルな味わいで、トッピングのサイコロ状にカットしたイタリアントマトから来る酸味が、さらにも食欲を、促進してくれます。
何時もながら、アッという間に、食べ終わってしまうので、「おかわり」でもしたい勢いですが、ここは、余韻を楽しみつつ、お店を跡にするのでした。


イタリアントマトとナスビのカレー

2005年10月29日

●ララ(堺筋線/恵美須町)

日本橋でんでんタウン表通りを、南に下って、ほぼ南端にあるインド家庭料理のお店。
『サンタナ』のクンナさんが、中心となって発行してきたミナミの情報マガジン「みんなのミナミ」つながりで、訪ねてみました。
とりあえず、サブジ(野菜のカレー)とターメリックライスを、注文してみました。
カレーは、どう家庭的なのか良く知りませんが、カレーが、注がれてきた器は、容量たっぷりでした。
また、ライスも、けっこうボリュームがありました。
カレーの内容ですが、宿題にしておきます。
私の拙い味覚経験では、“カレー=熱い食べ物”という既成観念が邪魔をしていて、熱くないカレーについて、それがはっきり、“冷たいもの”として、出されたものででも無い限り、コメントできないからです。
また、1年以内にでも、お店があれば、日を変えて行ってみて、違うメニューでも注文してみて、食べてみて、それから、コメントしても、遅くは無いかなと、思います。
今後の精進を期待したいと思います。


サブジとターメリックライス

2005年10月28日

●カフェ婆沙羅(長堀鶴見緑地線/西大橋)

朝開店して、早朝閉店するここの営業は、タフです。
午後10時を、回っても、まだまだ、空席待ちのお客さんが絶えない勢いは、驚異的ですらあると感じます。
100時間カレーという代名詞付き、カフェですが、麺類も人気らしく、けっこうラーメンを、すすっているお客さんが、多いように見受けられます。
前置きはともかくとして、「とんチーカレー」を、注文しました。
婆裟羅の焼豚とチーズを、オーブンで、ローストしたものを、トッピングした、100時間カレーっていう、代物です。
あまり、待たされた感じも無く、程よいタイミングで出て来たカレーは、以前に食べて、記憶にあるような、バナナ感は、今回、あまり感じなくて、意外と、シンプルで、程ほどに辛味があって、洗練された味わいでした。
ちなみに、カレーとチーズって、相性が良いです。


とんチーカレー

●第392回定期演奏会

大阪フィルハーモニー交響楽団の2005/2006シーズンの定期会員(年間)なので、本日も、お出かけしました。
今回、プログラム冊子の曲目が載っているページ、下方欄外に、注目してみます。
「携帯電話、アラーム付時計をお持ちのお客様は、演奏中に鳴らないようお確かめください。演奏途中での入退場、許可のない写真撮影、録音、録画は、固くお断りいたします。」と、
ここまでは、前回までの、プログラム冊子にも、書いている通り、お決まりの文句です。
今回、さらに、
「拍手は、演奏が完全に終わりきるまでお控え下さいますようお願い申し上げます。」と、続きます。
素晴らしい、コメントです。
そして、聴衆は、主催者側に、こんな注意書きをされなくても、当然なマナーとして、こういうことが、できる文化を、構築していきたいものです。


前半ソリストによるアンコールは、サティ作曲「私はあなたが大好き(Je te veux)」

●E’s STYLE(大阪府/泉大津市)

泉大津市役所の通り向かいにあるカフェ。
所用で、南海泉大津駅の方へ出かけたため、市役所前にてランチとなりました。
表の看板表示に、自家製のカレーが食べられるようなことが、書いてあって、以前に、行って見て、なかなか、美味しいというか、家庭的な味わいというか、独特のカレー感が、楽しめるというか、好印象を持っていました。
ランチメニューとして、定食のようなものが、お薦めとされてはいたのですが、本日は、迷わず、カレーを選択しました。熱いお料理が、出てくることに、好感度が高くなる傾向にある私ですが、ここのは、とても感じが、良いです。
カレーは、牛肉を使っていて、トロトロ感があり、玉ねぎや野菜の甘みが強いマイルド系です。辛味は、ほとんど、印象に残りません。
ライスは、玄米を使っていて、これもまたホカホカで、ウエットな感じです。ランチ時は、サラダ、豆と玉ねぎの甘酢和え、プラス一品が、付いてくる定食形態になっているのも、ボリュームがあって、満足できます。
全体として、清潔感があり、健康志向なのは、飲食店として、とても信頼感を高めていると思います。


2005年10月27日

●ハレルヤ・カレルヤ(南海/大阪難波)

府立体育会館の前を通るのに、手っ取り早いのが、ここのスリランカカレーショップ。本日は、まだ頼んだ事が無かった、カツカレーを、注文しました。
スリランカのカレーで、トンカツ?っていうだけで、ミステリアスな感じを持ってしまい、ついつい、敬遠してしまいがちですが、まぁここは、怖いもの見たさと、ほんの少しの勇気を出して、食べてみる事にしました。
カレーは、何時もの酸味の利いたやつで、トンカツは、割と細かくカットしたやつが、具材の如くカレーに、絡めて出てきました。
ちょうど、豚キムチが、キムチの酸味とあいまって、豚肉の旨味を、引き出すような感覚を、思い浮かべると、良いかも知れませんが、ここは、カレーなので、豚肉を、美味しく頂いて、しかも、食欲を、増進させるカレーの酸味が、とても、効果的に表れるメニューだと思いました。
とりあえず、元のカレー自体が、好みに合うかどうかで、具材との相性が、どうこうという前提に有るため、好き嫌いは、けっこう極端に、分かれるカレーなのかなぁという、印象を持っています。


カツカレー

2005年10月26日

●リズのカレー屋さん(御堂筋線/淀屋橋)

これから、2年間くらいは、毎週水曜日は、私用のため、夕方、大阪市内に、出かけなければならないので、本日は、その水曜日という事で、出かけました。但し、今回は、仕事も兼ねているので、夕方、淀屋橋で、用事を済ませて、直帰という扱いでした。
とりあえず、時間が無いので、淀屋橋近辺で、夕食をとる必要があり、いろいろ考える余裕すらなかったので、カレーショップにて、カレーとなりました。
リズのカレー屋さんは、本当に、久しぶりに行ったのですが、食券を買うシステムと、U字型のカウンター席が、ファストフード的で、良い雰囲気です。
とりあえず、カレーライスM、玄米、ヨーグルトジュースの、食券を、購入し、着席。さほど、待つ時間が気にならない程度で、注文のお品は、全て出揃いました。
カレーは、玉ねぎというか、繊維質というか、しっかり、纏わり着く感じ且つ、コラーゲンたっぷりぽい甘味、そして、カレーに不可欠な、辛味が、とても、充実した味わいを、堪能しました。
今度、何時来るかは、未定ですが、前回、思わなかった感想なのですが、今回は、また来ようかなと思いました。


カレーライスM+玄米&ヨーグルトジュース