2005年10月22日

●ブルーマー55(京都府/京都市)

フランス料理店ですが、カレーだけ食べに行っても良いというお店。
はっきり行って、膝までの半ズボンと、ウインドブレーカーみたいな格好で、お店に入るのは、勇気が要りましたが、お店の人に、「この格好でも、入れますか?」と、訊ねたら、大丈夫でしたので、ホッとしました。
ただし、午後5時から始まるはずなのですが、6時ごろ着いたときには、結局、まだ、カレーは、食べられなくて、7時過ぎに、出直すことにしました。
いろいろと、帰り支度をして、別に、時間を潰す訳でもなく、良いタイミングで、最度お店に行きました。とりあえず、お客さんは、まだまだこれからの時間に、来るみたいで、私が着いた時には、一組も居なくて、マスターが、カウンターの真ん中の席に、どうぞと、言ってくれたので、そこに腰掛けることにしました。予定通り「素カレーライス」を、注文しました。
銅の小鍋で、カレーを、温めている間にも、仄かな香りが、カウンター越しに、伝わってきます。それでも、ここは、カレー屋さんではないので、強烈に、カレーって言う感じではなく、他のお料理を、楽しんでいる方が、居たとしても、気にならないんじゃないかと、思いました。
カレーは、具が入っていない、まさに“素”でして、風味とか、口中に広がる辛味とかは、ビーフカレーを、頂いたときのカレーのそれを、思わせてくれます。わりと、小盛りで、出てくるのですが、ご飯が、足りなければ、言えば、足してくれるみたいでした。キラリと、 輝きを感じるカレーは、いい仕事しています。


●京都カレーポタコース下見(6-6)

「湯豆腐膳」は、豆腐オンパレードな、ご馳走メニューで、大変満足しました。1千円と消費税の価格で、お腹一杯食べられる湯豆腐のお店というのは、京都にしては、貴重かもしれません。
お昼ごはんが、終わってからは、西陣にあるドラートという蜂蜜専門店に行きしまた。西陣では、けっこう長居しまして、ベトナムコーヒーが飲めるお店に行って、お茶したりいろいろ夕方まで、遊びました。
帰りは、一応、今出川通りを、まっすぐ、出町柳に行き、時間的に、和菓子屋さんが、閉まっていたのは残念でしたが、ここで解散しました。


続きを読む "京都カレーポタコース下見(6-6)"

●京都カレーポタコース下見(6-5)

金閣寺にて、ニコニコさんと、無事合流をはたしたので、事前に、ニコニコさんから、情報を頂いていた、釘抜地蔵尊を、お参りすることになりました。北大路通りを東へ千本通り南入り、今出川通りまでの間の東側に「家隆山光明遍照院石像寺」という弘法大師が、弘仁十年(819年)に開創されたというお寺の本尊が、釘抜地蔵だそうです。
ここは、パンク厄除けという意味で、自転車乗りの人が、けっこう訪れる場所らしいです。本来の祈願とは、ちょっと、ズレているような気もしますが。
今出川通りを、北野天満宮の南向かい「とうよけ茶屋」にて、昼食にしました。カレーポタの下見でしたが、カレーの下見は、不要なので、これまた、事前に、ご案内いただいていた“湯豆腐”のお店に、入れるなら行きたいということで、とりあえず向かいました。
ここは、行列ができるほど、混みあうお店との事でしたが、本日は、並ぶ事20分くらいで、中に、通してもらえたので、ラッキーだったのかも知れません。
『とうよけ茶屋』では、「湯豆腐膳」を、頂きました。
これが、品数、ボリュームともに、豊富な内容でして、しかも、低価格でいて、美味しいので、大満足です。



●京都カレーポタコース下見(6-4)

下見に、同行いただく約束をしていた“はろーにこにこ”さんと、待ち合わせ場所に決めた、金閣寺を、目指すべく、一条通りを、道なりに、まっすぐ、走りました。
二尊院から、広沢池までは、まぁ、何となく、距離があるなぁ程度に思いつつも、20分位で着くという感覚でしたが、だんだん、坂道に、飽きてくるくらい、上り坂が、ダラダラ続くので、仁和寺辺りに、着いたとき、まだ?て言う感じになってきました。
本当は、龍安寺で、お茶してから、なんて、考えていたのですが、それどころではなくなってきたので、金閣寺に、急ぐことにしました。
きぬかけの路まで来たら、あともう一息。
二尊院から、金閣寺まで、約6キロメートルでした。途中登りのせいで、けっこう時間もかかりました。

●京都カレーポタコース下見(6-3)

渡月橋を渡り、嵯峨野を散策しました。
北海道に旅行したとき、小樽で利用した人力車と同じ会社の「えびす屋」さんが、ここでも、操業していて、歩くより、ちょっとだけ、高い目線から、京都の風情を、楽しんでいる観光客の皆さんを、横目に、ぼちぼち自転車で、行くことにしました。
嵐山の景色は、緑でして、紅葉は、見ごろを迎えるのは、まだまだこれから、1ヶ月ほど先の話のようです。
まずは、「古都京都の文化財」として、ユネスコの世界遺産に、登録されているの『天龍寺』を、拝観しました。
竹の名所を、楽しみながら、野々宮神社~竹林~落柿舎~常寂光院~二尊院へと、のんびり、ポタリングです。


●京都カレーポタコース下見(6-2)

七条通りに入り、さらに西へ道なりに行くと、西京極野球場のそばを通り越し、国道9号にあたるので、左折(標識で言うと福知山方面)して、橋を渡ると、京都八幡木津自転車道線に、入れるので、川沿いのサイクリングロードを、上流方面に、走りました。
しばらく行くと、この自転車道の起点に、辿りつき、その先に、渡月橋が有ります。


●京都カレーポタコース下見(6-1)

京都にて、カレー&ポタリング計画の中で、京都を、ポタリングすると、一言に言うては見るものの、じゃぁ、何処で、何を、見るのか?どんな風情を、感じたいのか?絞りきれないくらい、沢山の見所があります。
逆に言うと、何がしたかったのか、曖昧なまま、終わってしまいそうな、不安も有ります。
今回の下見では、とにかく、京都に来たなぁと、感じられるロケーションを、見つけるのが、ひとつと、もうひとつは、距離感を、つかむことが、目的です。雨っぽい天気情報でしたので、雨になったら、車で移動ということも、考慮に入れて、京都駅まで、マイカー輪行しました。
JR京都駅中央口を、出発点として、スタートです。 なるべくシンプルなコースを、探したいと考えていたので、まずは、単純に西へ進むことにし、桂川に、突き当たろうと考えました。駅を出て西へ、リーガロイヤルホテルの北側の路地を、さらに、西へ道なりに進み、途中、梅小路蒸気機関車館に、立ち寄りました。