« サマ(四ツ橋線/四ツ橋) | メイン | マジックスパイス大阪店(千日前線/桜川) »

2006年05月17日

●ナビン(四ツ橋線/肥後橋)

雨が降りしきる中、本日は、大阪市内での用事がある曜日ですが、そちらは、お休みなので、落ち着いて、カレーが食べられる場所へという訳で、肥後橋にあるインド料理店に、お出かけしました。
本日の『ナビン』さんは、ちょうど、本日私が居た時間帯は、たまたま貸切状態でした。
なので、ゆったりと、のんびりと、美味しいお料理と、ナビンさんとのお話の時間を、独り占めでございました。
奥さんに、訊いたところによると、昨日は、2階の席にも、お客さんに、上がってもらうほど、忙しかったのだそうですが、今夜は、生憎のお天気のせいか、お店の前を、ほとんど、人が通らないみたいです。
商売って、こんなもんなんですよね。
早速、メニュー拝見です。
アラカルトにて、炭火焼料理は、「鹿児島黒豚(黒豚をフレッシュハーブに漬け込み、炭火で焼いたもの)」を、カレーは、「ほうれん草と旬の野菜カリー」、本日は、サフランライスではなく、ナンを選択する事にして、「チーズ&ガーリックナン」を、注文いたしました。
黒豚は、厚みのあるお肉が、カッチリしていて、タンドールで、程よく脂分が落ちるので、食べやすいジューシーさ加減が、とても良いです。
けっこうスパイシーに仕上げたのだそうですが、本日の私の体調からして、ちょうど良い辛味でした。
カレーは、ほうれん草の緑色が主体となっているカレーに、旬の野菜は、茄子、ほろほろなジャガイモ、チンゲン菜、えんどう豆、きのこ(しめじ?)と、色目も良く、具だくさんでして、たいへん美味しゅうございました。
ナンは、チーズ&ガーリックに、ハーブをアレンジしてくれていて、香りが宜しくて、それ自体とっても、スナック感覚で、美味しくいただけるし、カレーと一緒に、召し上がっても、相性が良いと思いました。
ナビンさんって、けっして、インドのものを、インドのものとして、表現しているって感じなのではなくて、日本のものを、その素材を生かしつつ、インドの手法で、作り上げてくれている感じがするのです。
薀蓄(うんちく)っぽく書くのは、本意ではありませんが、食べていて、違和感が無いので、とっても馴染みやすいのです。
そんなわけで、本日は、ナビン(オーナーシェフ)さんと、わりと、ゆっくりお話する事が出来ました。
今年のゴールデンウィーク中旅行なさっていた、カナダでのお話など、たっぷりお聞かせいただいたのでした。
私は、生まれてこの方、外国へ行ったことが無いので、海外旅行のお話って、それだけで、既に、興味深いのですが、バンクーバーって、一度は行ってみたいと思うくらい、とっても素敵な、お話でした。
この頃は、『ナビン』さんに行く機会が、少なくなっていて、昨年なんて、ほとんど、立ち寄らかったのですが、せめて、季節に1度(年に、3から4回)は、お伺いするのが、理想的かなぁと、思っています。
食後は、シークワサーシャーベット、チャイ。


【当ブログで紹介している記事】
(平成20年1月11日現在)

1. (平成19年3月31日)
内容:プローンカリー
2. (平成18年7月9日)
内容:ほうれん草と旬の野菜カレー
3. (平成18年5月17日)
内容:ほうれん草と旬の野菜カレー
4. (平成18年3月30日)
内容:えびカレー(柔らかく味付けしたエビカリー)
5. (平成15年3月4日)
内容:ほうれん草、えび、まめ、のカレー
6. (平成13年11月11日)
内容:ラムチョップカレー