« サンマルコ(南海/大阪難波) | メイン | ハレルヤ・カレルヤ(南海/大阪難波) »

2006年05月28日

●サマ(四ツ橋線/四ツ橋)

四ツ橋ランプ西交差点の北西角、オリエンタルスクランブル(私的通称)にあるインド料理店です。
ここのお店では、ベジタリアンなセットメニューを、注文していなかったので、この機会に行っておくことにしました。
セットBを、注文しました。
内容は、最初に、本日のスペシャルスープ(オニオンスープ)と、サラダ。
次に、ベジタブルパコラ(豆の粉を使って揚げたインド風野菜のてんぷら)と、サモサ(ジャガイモとナッツ類をスパイスで味付けして練りこんだものを、皮で包んで揚げたもの)。
メインは、ベジタブルカレーで、ベジプラオ(またはライス選択可)と、ナンを、合わせていただきます。
食後は、チャイ(またはラッシー選択可)です。
このお店のスープは、今まで、野菜のクリームスープを、頂いた事しか無かったので、今日頂いたオニオンスープは、今回が、お初でした。
野菜の揚げ物類は、特に、パコラのお味が、濃厚で、とっても美味しく頂きました。
中身に、ピーマンが入っているやつが、特に、気に入りました。
サモサは、オーソドックスな、インドのスナックですが、私の好み的には、もう少し、皮が薄いやつが良いかなぁとは、思いますが、出来立てを頂けるので、ホクホクで、美味しいです。
野菜カレーは、インゲン、ニンジン、ジャガイモのほか、気のせいか?レンコンなんかも、入っていましたか?野菜エキスたっぷりな感じが、スパイスと相俟って、とっても、食べやすかったです。
私は、個人的に、ナンは、苦手なので、どっちでもよいのですが、ここのお店では、ベジプラオは、定評です。
食後は、チャイで、スッキリ、ごちそうさまでした。
ところで、ここのお店では、オーナーのシッダルタさんとは、今回、初めて、会話をしたのですが、私は、語学に長けていなく、しかも、オーナーは、日本語が、あんまり、分っていないので、英語を、使って、少しだけ、コミュニケーションが、とれました。
彼が、何故、日本で、インド料理店を、経営しているのか?その理由は、よく知っていなかったのですが、 少しだけ、説明を受けたので、何となく、理解しました。
彼は、本国(インド)において、ニランジャナ パブリック ウェルフェア スクール(貧しい子供たちのための学校&孤児院)を、創設され、貧困により、満足な、食事や、教育を、受ける事の出来ない、子供たちを、保護する活動を、しているのだそうです。
それで、このインド料理店は、その収益金から、寄付するために、営んでいるのだそうです。
例えば、私が、自国の現状に置き換えて、様々な、不自由を負いながらも、何とかして、生きようとしている人々の、あるいは、子供たちのために、こうした活動が、実行出来るだけの、バイタリティや、力量を、備え持っているのか?と、考えてみたら、到底できそうにありません。
シッダルタ氏の、立派な心がけには、頭が下がるばかりです。
とにかく、私には、このお店に来て、インド料理を、食べて、おの代金を、支払うという事以外に、何も、お手伝いできませんが、ぜひ、このお店を、成功させて、本来の目的を、達成されることを、かげながら、応援したいと思います。


コメント

本日はお越しいただきありがとうございました!
すごい!たくさんのカレー屋さんに行かれて、マメに日記を更新していらっしゃってさすがですね!私にはマメさがないので見習いたいと思うくらいです。
Shamaのお店とシッダルタの活動を紹介していただいてありがとうございます!!
これからも楽しみに日記のほう読ませていただきます。

こんばんは、akiyoさん。
こちらこそ、コメント下さり、光栄に存じます。
何時も、美味しいインド料理の数々を、堪能させていただいています。
大阪にも、インド料理店は、たくさん有りますが、費用相応以上に、楽しめるお店は、僅かしかなく、とても貴重です。
ぜひ、永く続けてくださいね。
私の日記は、最近、忙しくて、少し、更新頻度が、低下しつつあります。
それでも、週に、1~2度の更新は、続けるようにしたいと思っています。
何分、拙い文章ですから、間違っている箇所、お気付きの点など、ございましたら、何なりと、お知らせくださいませ。