2007年03月31日

●ナビン(四ツ橋線/肥後橋)

月日が経つのは早いもので、のんびりはできなかった一月が逝ってしまい、短い二月が逃げたかと思えば、忙しかった三月までもが、去ってしおうとしています。
本日は、肥後橋にあるインド料理のお店、『ナビン』さんにて、豪勢な晩ご飯です。
お店に着くと、すでに1組のお客さんがお食事を楽しんで居らして、さらに、私と同時くらいに、あと2組のお客さんが来られました。
てな情況で、ナビンさんとお会いするのも、随分久しぶりだったのですが、お忙しい感じだったので、あまりゆっくりお話はできませんでした。
あとで知ったのでしたが、2階にも、もう1組お客さんが居られたみたいでした。
私はといえば、昼間のちょっとした慌しい時間を断ち切るために、ここに来たのでしたから、あえて、ゆっくりした雰囲気を、実感するべく、食前に、お酒類を、楽しんでみる事にしました。
パパドゥをあてに、グロールシュというオランダのビールを、頂くことにしましていると、サービスにベジタブルサモサを付けてくれたので、調子に乗って、2杯も飲んじゃいました。
という訳で、本日の注文ですが、スペアリブを、勧めて切れたので、1ピース注文しました。
カレーは、プローンカリーを、そして、本日は、ナンではなく、サフランライスを、食べることにしました。
食後のデザートとして、サトウキビアイスクリームを、仕上げに、ホットチャイを頂くことにしました。
ナビンさんのサモサは、揚げ春巻き調で、皮が厚いインド料理のそれとは、様相が異なり、サクッとして、プチサモサって感じの、小粋な食べ物です。
勿論、ビールにも良く合いますが、これをあてに、頂くというのは、贅沢感有り余りです。
スペアリブは、一人で頂くには、欲張りサイズでしたが、旨味満載のタンドール料理でした。
お肉には、グラスワイン(赤)を、一緒に楽しみましたが、タンドールで焼くお料理は、程よく脂が落ちるので、もしかしたら、白ワインと合わせても楽しめるかもとは、思いました。
何時もの事ながら、ナビンさんのカレーは、他では、例えようのないナビン特有の味わいです。
デザートに頂いたサトウキビアイスクリームは、とってもお気に入りです。
立地的に、しばしば通えないので、次に、何時来れるかどうか、見当が付きませんが、極上のお料理に、インド料理の要素が含んでいるという美味しさが楽しめるので、毎度お食事するたびに、また今度来たくなるお店です。



続きを読む "ナビン(四ツ橋線/肥後橋)"

2007年03月30日

●自家製「チキンカレー」

先日行った、サンタナさんで、スパイスあれこれを、調達したので、材料が補充できたこともあって、チキンカレーを作ってみました。
なお、これはレシピでは無く、作り方等は、専門家よりご教授賜ったり、書籍より得たものに基づいている事が殆どで、私独自に考案したものではありません。
また、見たまま作ってみられても、同じようなお料理に仕上がったりしない事を予めご了承ください。

っていう事で、もしも真似をすると、痛い思いをするかも?そこらへんは、自己責任ってことで。
まずは、下ごしらえ。
鍋(中華鍋が便利かも?)に、植物油を入れて、スパイスを、入れてから、火にかけます。
ここで入れるスパイスは、香りだしのものです。
私は、ベイリーブス、シナモン、クローブ、カルダモンを、使用しています。
最も重要なポイントは、スパイスは、油を熱する前から、入れておくのが、効果的であるという事。逆に、熱した状態の油に、スパイスを入れても、殆ど意味が無いって事。



プチプチと音が鳴ってきたら、油に、香りが乗ってきているというわけなので、ここで、玉ねぎを、ドカッと入れます。
10分から20分位炒めるでしょうか?
焦げない様に、火加減を注意しながら、じっくり炒めれば炒めるほど、美味しくなるような気がするところです。
面倒なら、7~8分炒めた上で、ミキサーにかけちゃうという手もあるらしい。
ちなみに、本日は、2人強の分量で作ったので、小振りサイズ1個ですが、4~5人分なら、2個くらい使いたいところですかね。
しっかり炒まって来たら、にんにく、しょうが(こいつらは摩り下ろした方が良いと思うけど、面倒ならチューブ入り製品を使っても良いかな?)を、加えて炒めます。



カレーに突入。
今炒めたお鍋に、仕上げたい分量の半分のお水を、ちょっとずずなじませながら、入れて行きます。
煮立ったところに、カレー粉を、入れちゃいます。今回は、ターメリック、クミン、コリアンダー、ドライチリの各パウダーを、使用。
分量は、適当だけど、4~5人分作るなら、全部で、50~60グラム位になるように、分量を割り振ると良いのかも?
クミンパウダーを減らして、クミンシードを、加えても面白い。
だけど、クミンシードは、炒めの段階で入れたいかも?って言うか、焦がさないように注意するのが、ポイントかな?
ターメリックを、入れすぎると、如何にもな味わいに仕上がってしまうので、注意が必要かも?
っていうか、市販のカレー粉が、一番無難に美味しくできる様な気がする。
こっから、もう半分のお水を、少しずつ足していって、煮立たせます。カレーのベースの味は、ここで決まってしまいます。



こっからが仕上げ。
カシューナッツなどを、ミキサーで潰したものがあればそれを、私の場合、クルミを、すり鉢にあてて、 粉々にしたやつを、入れます。



これによって、サラッとから、トロッとに、変わるんですね。
次に、お塩。
こいつは、ちょっと多いかなくらい遠慮なく入れるのがコツですが、私は、塩加減が強いのは、あまり好まないので、私は遠慮気味。
ジュースにしたトマトを、私は、単にザク切りしたものを、入れちゃいますけど。



そして、ヨーグルトを、私は、生クリームを、入れちゃいますけど。
こいつらが、融合するまで、弱火にかけて、仕上げていきます。
火を止める前に、ガラムマサラを、サクッと入れて、出来上がり。



ガラムマサラを、入れる時期は、塩と一緒にでも、または、カレー粉と一緒にでも良いかもしれませんが、私は、最後です。
ちなみに、塩→トマト→ヨーグルトの順番は、なるべく替えない方が良い結果が導かれる気がしています。
これで、「カレーの種」が、できたという訳ですね。
この種を、小鍋に取り分けて、火にかけます。りんごジュース少々足し、チキンを入れ、火が通ったところで出来上がり。



続きを読む "自家製「チキンカレー」"

2007年03月27日

●サンタナ(御堂筋線/なんば)

夜に、大阪市内へ出かける用事は、本日で、一応終わりです。
そんな訳で(どんな訳で?)ちょっと、夜遅かったのですが、お腹が空いたのと、久しぶりに、きっと潜在意識がクンナ氏に会いたくなったので、衝動的に、西道頓堀界隈に、そこはかとなく出没してしまったという事情です。
無印で買い物してたのですが、JRで帰ろうと思ったので、いったんOCATの方へ向かって、やっぱりやめて、なんばハッチの横を通って、四ツ橋方面へ行く途中の信号の都合で、風が向くままにみたいにして松竹座方向へ歩いていました。
このまま、御堂筋を渡って、軽いものを食べて帰ろうかと、一瞬、心が揺れ動いたのですが、まぁ、やっぱりカレーでしょうということで、ビルの2階にある『インド家庭料理サンタナ』へと、階段を駆け上がったのでした。
こんなに、迂遠しながらも、どう考えても、確信犯に違いないと、自問自答しつつ、まぁ、気にしないことにしておきましょう。
午後10時前なので、そろそろ片付けようかという雰囲気でしたが、クンナさんが、「ナマステ~♪」と、迎え入れてくれて、「10時迄は問題ないよ!」って、言う訳で、何時もの定位置の席に腰掛けることにしました。
ここでは、ベジタリアンセットを、頼むことが多いのですが、本日は、「プーリーセット」を、注文しました。
特製のドレッシングが、とっても気に入っているサラダのあと、ワンプレートに、チキンカレー、野菜カレー、タンドリーチキン、パコラ、プラウが乗ってきます。それと、ナンが付いて来ます。
いつもながら、親しみやすい味わいのインド料理は、気取らず、畏まらず、それでいて、上品で、清潔感あるお料理です。
お店とお客の関係に、何処かで、一線を引いておきたい人や、構ってほしくない放って置いてほしい人、あるいは、内向的な人には、向きませんが、いったん馴染んでしまうと、忘れがたい場所になってしまいます。
落ち込んでいるときとかに、クンナ氏と話すと、あの前向きさには、少し元気を分けてもらえる気がするかも知れません。
また、去年とかも誘われたのですが、インドに行く、ツアーの計画は、今年もあるみたいです。
私は、個人的には、スケジュール的に厳しくて参加できないのが、本当に残念なのですが、何時かはインドに行って見たいという気持ちは、変わっていませんけど。
とにかく、クンナ氏の溢れんばかりに富んだバイタリティには、いつも感心されられっ放しです。
ちなみに、漠然と思っているだけなのですが、行きたいと思っている外国の場所は、1位「ニューヨーク」、2位「パラオ」、3位「インド南部」、次点「ネパール~エベレスト街道」です。


2007年03月25日

●リストアップ完了

大阪カレー40店のリストアップが、いったん完了しました。
これが、何を確定したって事でもなんでもないのですが、一応、私が、カレーを食べに行こうかな?って、考えたときに、優先的に、思いつく店店であることには違いありません。
もちろん、オススメとかいう訳でもありません。

2007年03月24日

●船場吉兆(御堂筋線/心斎橋)

今年は、暖冬でしたが、住環境的に、私個人的には、寒い日々でした。
しかも、個人的には、超多忙な毎日で、本日が、日程の山場の日でしたが、その午前中を終えたので、先の見通しが少しだけ立った区切りとして、普段は、足を運ぶ機会なんて、皆無と言い切れる料亭なる処へ、訪ねてみました。
『OPA心斎橋オーパ』10階にあるお店に着くと、早速、カレーのメニューを、やっているかを確認し、あるとの事でしたので、入ってみる事にしました。
ただ、本日は、予約も何も無しに、気まぐれで行ったので、お席が無かったら帰るつもりでしたが、受付の方が確認してくれたところ、ちょーど、良いタイミングみたいで、15分位で、中に案内してもらう事ができました。
そして、待つ間にも、予め、「吉兆旬菜カレー御飯」を、注文しておいたのでした。
料亭でカレーかい?しかも、独りで行くのかい?って、感じがしないでもないけれど...。
“そーなんです。カレーなんです。おひとり様なんです。”
座席は、個室とか座敷とかではなく、幾セットかのテーブル席がある相室の客室でしたが、何ら不足する点はございません。
先ずは、お煎茶と、お絞りが出てきて、予め聴かれていたカレーの確認と、飲み物を勧められたので、 食後に、コーヒーを、頼むことにしました。
暫くして、瓢箪の格好をした背の高いものが、お盆に乗って、運ばれてきたなぁと思っていたら、私の席にでした。
これは、4段重ねの器になっていて、温泉たまご、吉兆特製胡麻豆腐、香の物三種、ごはんが、入っていました。
さらに、カレーが入った器が運ばれてきて、スタンバイ完了です。
カレーは、ビーフカレーや野菜カレーまたはその両方の範疇で括っても構わないのですが、どちらかというと、そのどちらでもなく、ある意味新しい範疇のお料理です。
強いて言えば、時期的に、春らしさには、ちょっと早かったのか、あまり季節感を感じなかったのかな?とは、ちょっとだけ思いましたが、それが問題点だとは思いません。
っていうか、何処かの情報誌には、“器の季節感”という配慮があるのだそう?
それにしても、料亭でお食事する際に、重視するのは、やっぱり、随所に感じる“おもてなしのあり方”への気遣いというか、“品の良さ”だと思います。
勿論乍ら、これはカレーなのですが、けっして単なるカレーじゃ無いなぁって随所に感じますし、ここら辺りが、品の良さの現れなのじゃないかなぁって思ったりしました。
具沢山の内容は、お肉の他、茄子、さつまいも、ブロッコリー、白豆、きのこ、あと、“あまーい”食感は南瓜?等等でして、しっかりしたお料理で、本当に“多彩”なのですね。
頼んだ側としては、他のお料理を、お召し上がりになられている他のテーブルの皆さんに、カレーの香りが邪魔にならないかと、心配しましたが、これは、取り越し苦労かな?そのくらいは、ちゃーんと、配慮してあるのだと感じます。
かと言って、カレーの風味が楽しめるお料理であることに、感心させられっ放しです。
本日は、お店に足を踏み入れてから、チェックアウトして、お店を後にする時まで、一切、不快に思う点はありませんでした。
また、お昼ごはんにしては、ご馳走な価格帯ですが、この場所で、お昼ご飯を頂く事からすると、桁1つお求め易いものとなっています。
私の様な、サウスポーで、箸さえ右手で使えない類の者が、お1人様で料亭を訪ねるだけに止まらず、そこでカレーをひとつのみ注文する様な無作法者に対しても、お店のスタッフの方々は、とっても親切に、しかも丁寧に扱っていただいて、心地よい時間が過ごさせてもらったことに、心より感謝しています。



ちなみに、この写真だけ、フラッシュが光らなかったのでした。4段重ねの器を開くと、こんな感じ、カレーの器は、別食後は、デザート付きですが、コーヒーは、別に注文しました。

続きを読む "船場吉兆(御堂筋線/心斎橋)"

2007年03月22日

●一心茶房(四ツ橋線/なんば)

OCATの東側にあるパーキングスペースの東側沿いの道を挟んで向かい側に赤色文字の予備校の看板があがっている高層ビルがあります。
普段は、OCATから、御堂筋なんばの方へ向かう途中に、チラッと、「あー“たこ焼き屋さん”があるなぁ」くらいに思うか思わない程度の認識のエリアです。
ところが、この“たこ焼き屋さん”を、よく注目してみると、これって、ビルとビルの隙間を、奥に向かって、木造長屋になっていたのでした。
ほんで以って、この古びた町家スペースを、改造して、ほっこり空間を、演出したお店があったのですね。
んな訳で、あんまり時間が無かったのですが、訪ねてみました。
長屋の玄関の引戸を開けて、何だか、普通のおうちに伺った感覚で、靴を脱いで、上がりまして、お食事は、2階で頂けるというので、階段を上がります。
2階は、襖で仕切っていない2部屋分の空間で、関係ないけど、たぶん、この真下は、“たこ焼き屋さん”の位置にあたる思います。
ここは、まさに隠れ家みたいなものですかね。
本当に20分しか時間が無かったので、何をさて置き「気まぐれカレー」を、注文しました。
本日のは、“豚とさつまいものカレー”だそうです。
幸いと言うか、他にお客さんが居なかったので、あまり待つこともなくて、比較的に、時間に急かされる事無く食べることができました。
カレーは、家庭で食べる普通のカレー味わいですが、ご飯が美味しいと思いました。
また、都会の喧騒の中にありながら、この静かな古い佇まいが、とても意外で、気持ちのスイッチが、スローに入れ替わるのを、自覚しつつ、お食事を頂く事に、プラスアルファーの味わいがあるのだと思います。
また、一緒に付いて来るサラダは、二杯酢か三杯酢か、別物か、知らないけれど、甘酸っぱいドレッシングで和えてあって、美味しく頂きました。
ほかに、らっきょう、レーズンなんかも添えてあって、気遣いを感じます。
本日は、取り急ぎの夕食タイムでしたので、ゆっくりできなかったのが、残念ですが、また、ゆっくり伺ってみたいなぁと思います。


2007年03月17日

●シバレストラン(四ツ橋線/本町)

本日は、朝から大阪市内にお出かけしたので、用事の終わりの時間が早くて済みました。
そんなわけで、予想外に時間ができてしまったので、心斎橋界隈にて買い物などしようと、小一時間程、ウロウロとして過ごしていました。
アメリカ村で、小物雑貨でも探そうと思いついたものの、何も見つけられなかったので、そのまんま、本町のほうへ出ようとトボトボと歩いていきました。
四ツ橋筋と御堂筋の間で、都市高速の高架よりひとつ東の筋を、本町の方向(北向き)へ、しばらく行くと、地名的に詳しくないのですが、南船場というか北心斎橋というか、せともの町というか、御堂筋から言うと、難波神社の裏手というか西側なのですが、インドの国旗が見えてきました。
近づくと、そこには、インド料理店がありました。
ここは、インド料理店の『シャンティシャンティ』が、あった場所で、しばらく閉店していましたが、オーナーも代わって、今のインド料理店が、オープンしたのだそうです。
実は、この辺は、あまり来ないので、『シャンティシャンティ』には、行ったことがなかったし、このもう少し北へ進んだ所にあった『パールバディ(5年くらい前迄はあった?)』っていうもの、行けず終いだったのでした。
なので、このブログでは、お初に登場するインド料理店なんて、取り上げる機会が滅法少なくなってしまっていた事もあるし、せっかく見つけたので、この機会にってことで、入ってみました。
お店に入ると、奥にキッチンがあり、右側には、バーカウンター、左手前から奥へテーブル席、左奥から2階へ通じる階段があって、2階にも客室があります。
更に、2階は、ベランダというか、テラスと言うか、バルコニーと言うか、何というか良く知らないのですが、要するに、窓の外側のスペースにもテーブル席が、備えてあったりします。
座席のスチュエーションからだけでも、色々なニーズに、答えてくれそうな予感がすして、なんとなく良いんじゃないのかな?なんて勝手な期待を抱きました。
早速ですが、ディナータイム定型のセットメニュー(何かネーミングされていたけど忘れました。)を、注文してみました。
内容は、1種類選べるカリーのほか、サモサ、タンドリーチキン、サラダ、アチャール、ライス、ナンと、コーヒーまたはチャイが付いています。
最初に、(野菜の)サモサが出てきました。
添えてある、グリーンチャツネは、フレッシュで、付けて食べると、お口の中で、とっても爽やかな小インドな世界が広がりました。
続いて、ナンと、メインのものが、出てきました。
カレーは、今回、マトンのカレーを選んでみたのですが、辛味は、指定しなかったのですが、私の許容範囲内ながら、しっかりと辛くて、お肉もたっぷり入っていて、大変楽しめました。
タンドリーチキンも、おまけみたいなのではなく、ドーンと付いていて、セットメニューなのに、お得感一杯です。
ナンは、肥後橋の、とあるインド料理店で頂くやつに、もう少し、モチモチ感を、足した感じで、甘みも付いていて、とっても美味しく頂きました。
食後には、チャイを付けてもらいましたが、セットとは別に、マンゴープリンも頂きました。
私の行動範囲からは、立地的に、遠いのですが、また行くと思います。
ちなみに、セットは、金1,785円でした。
デザートは別腹。



サモサ&グリーンチャツネマトンカリー&タンドリーチキンwithサラダ、アチャール+ナン食後は、ホットチャイ&追加注文のマンゴープリン