« 自家製「ほうれん草の炒め煮」 | メイン | 自家製「大根のサンバル」 »

2008年03月15日

●自家製「サモサ」

南インド風「ジャガイモのポリヤル」を、市販の春巻き作りに使う皮に包んで、180℃に熱したサラダ油で揚げてみました。
ポリヤルについては、先日拙ブログ記事に紹介している自家製「サブジ」と較べて、ココナッツファインが入ったり、マスタードシードほかホールスパイすの使い方が南インド風になっております。
炒め用油には、マスタードオイルを使用してみました。
ジャガイモのカットは、1cm角のダイス状にしていますけれど、潰さずに使っているので、外形がボコボコした感じに仕上がっています。
作り方は、かなりラフと言うかお手軽な感じですけれど、これでもある意味「サモサ」の一種と言えますでしょうかね。
コリアンダーとペパーミントの両フレッシュハーブを使い、仕上げに、少量のマスタードシードでテンパリングを施した「グリーン・チャトニ」を添えて。


なんちゃって?サモサ

コメント

すごいことになってますね。
サモサまでお手製ですか・・・。
先日目玉焼きを失敗した私と大違い。

昨日、アシヤナに行って来ました!
実は先週も行ったのですが、ほうれん草のカレー&ナンがとっても美味しかったのでまた通ってしまった。
やっぱり美味しかったです!

ここではサモサ1個300円で追加できるのですがいつも悩みます。
ちょっと高くない?って。
それにサモサだけ出てくるのか、グリーンチャトニーとか付いてるのかって。
それにそれにナンが大きくって、他のものにまで手が出ません。

でも、まさやんさんのこのサモサ見たらやっぱり食べたい。

Leeさん、こんにちは。

最近は、忙しくてと言いますか出歩く機会が限られていて、食べ歩きができないので、拙ブログに書くネタも少なくて、恥ずかしながら、家で作ったものまで載せている始末です。
アシヤナもまた行きたいのですけれど、そのうち大阪市内に行く機会でもあればと思っています。

ちなみに、私も目玉焼き作るの苦手なので、あんまし作ったことありませんが、サモサを作る方が簡単ですよ!
きっと。

あと、どっちでもかまわない事なのですが、私の“まさやん”という名前には、“やん”に“さん”が含まれていると考えているので、これに敬称を付けますと重複するので、“さん”を省略していただいた方がスッキリします。
なので、どちら様におかれましても何処においても遠慮なく呼び捨てしてください。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)