« #22グルハギ(オフライン・ミーティング参加) | メイン | 自家製「茄子のココナッツ・マサラ」 »

2008年05月24日

●宏亜楼(御堂筋線/なんば)

南インド菜食料理の数々を、あんだけガッツリ食べたのに、神戸の西側から大阪の南側まで、2時間かかる帰り道すがら、お腹が、お夜食を要求してきました。
なので、なんば駅で、途中下車するとして、中華料理&アジアン料理店を訪ねました。
お店の入り口のガラスの引き戸になっている手動ドアを開けて中に入ると、レジとテイクアウトの受け付けカウンターがあり、左奧には、厨房でしょうか?
お店の男性の方に、私が一人客である事を告げ、席があるか訊ねたところ、大丈夫と言う事で、右手にある階段をあがりました。
お席は、2階にありまして、全部で14席くらいでしょうか?壁に向かって二人用席があったので、そちらに腰掛けました。
早速、「海南鶏飯(ハイナンチーファン)」を、注文しました。
お店の女性の方が、思い出したように、お飲物は?と訊ねられたので、んー、アルコールは要らないしと思案していると、幾種類かのお茶があると言うので、その中から、「八宝茶」を頼んでみました。
お茶が先に出てきました。
甘くて、香りと言うか、コクを感じるお茶です。
スースーした清涼感はありませんけれど、爽やかです。
しばらくして、メインのお料理が出て来ました。
蒸した(スチーム)鶏肉は、柔らかくて、それ自体美味しいです。
これを、お好みで、3種類のタレを、それぞれにあるいは組み合わせて付けつつ食べると、味わいのバリエーションが広がって楽しめます。
「チキンライス」は、ジャスミンライスを、鶏の出汁で炊き込んだごはんです。
ジャスミンライスは、一般のタイ米と較べて高価なので、チキンライスを出すお店でも、常時使っている訳ではないらしいです。
ただ、炊き上がりのもっちりした感じや香りの良さには代えがたいものがあるらしく、このお店では、高いの承知で使っているのだそうです。
シェフは、現地での厨房に立っていた経験がある方で、お料理は、現地仕様なのだそうです。
ただまぁ、私は、現地の味を知らないので、検証はできませんけど。
現地仕様という姿勢は、頑なに守って欲しいものです。
お店の規模からして、現状でメニューを増やすには制約が多いみたいですけれど、週末限定メニューなんかで、「肉骨茶(バクテー)」とかも、出していきたいと考えているらしく、ぜひ良い方向に展開なさる事を希望します。
今度、また来る機会があれば、海老カレーなんかも頼んでみようかと思います。


海南鶏飯(ハイナンチーファン)


八宝茶の中身はこんな感じ八宝茶


以前、『新東記(東京/恵比寿)』で「海南鶏飯(ハイナンチーファン)」を食べたものですけれど、心動かされるものが無くて、ブログ的には、お蔵入り状態でしたけれど、今回、この欄にて、ちょっぴり日の目を見ていただくとしました。
海南鶏飯(ハイナンチーファン)

コメント

宏亜楼へはグルハギの後ですか!
でも、南インド料理って案外おなか空くのが早い気がします。
マドラスキッチンでテンコ盛りのブリヤニ食べたけど、案外おなか空きましたから。

夜メニューではチキンライス単品でしたね。
私にはお昼も単品で十分なんだけど。
チキンは附属のタレがなくても十分美味しいでしょ。
ご飯も香りがとってもよくって、味もしっかり美味しかった。
ただ、現地のは”もちもち”ではないんですよね。
どっちかというと”ぱらぱら”。で私は”ぱらぱら”が好きなんだけど、ここのこれはこれで美味しいと思う。
でも、シンガポール料理をあまり知らない人からしたらどーですか?チキンライスって。
東京ではちょっと流行りかけた時期があったけど(もう下降線?)
大阪ではそれほどの物でもないんじゃないかと。
ちょっと味が淡白と言うか、インパクト薄いじゃないかなーっと。
カオマンガイの方がにんにくガツンと来るので、アジア~!って感じがするけど。

うちの家族(アジア料理苦手)に食べさせたら「美味しいけど、親子どんぶりの方が美味しいよ」って絶対言うと思う。
私には懐かしい匂い+味なんですけど。

チキンライスの様なごはんは、シンガポールの気候とリンクしているんだろうなぁ?って思いました。
おっしゃる様に、現地では、さっぱりした味わいや、ごはんがパラパラっていうのも、高温多湿な土地で食べるご飯としては、なるほど頷けますね。
今頃の季節には、実感しないですけれど、日本でも、夏になって、カラダにバテが来たりなんかしたら、そういう境地になるのじゃないかと思います。

鶏肉は、タレ付けなくても美味しかったです。

シンガポール政府観光局が認定するシンガポール料理店ってのが、東京の『新東記 (シントンキー)』『シンガプーラ・テラス』『海南鶏飯(ハイナンチーファン)』と名古屋の『イーストダイニング ラオパサ』らしいのですけれど、この認定の中身はともかくとして、大阪は蚊帳の外ですね。

外食自体、頻繁に行けてないですけれど、時折訪ねてみようかと考えてます。

こんにちは。
政府観光局が認定する料理店ってのが東京にはあるって聞いてたけど、
名古屋にもあるんですね。
で、大阪にはない。。。
う~ん、確かに「シンガポール」だけのお店はないですからね。

世界にあって、東京に無いってのは、少ないのかもしれませんけれど、それはともかくとして。
時代は、関空よりセントレアなのですかね?