« 自家製「茄子のココナッツ・マサラ」 | メイン | 自家製「サーグ・チキン・ビリヤニ」 »

2008年05月27日

●自家製「サーグ・チキン」

ノンベジタブルなカレーを作ったのは、随分久しぶりだった様な気がします。
乳製品もノンベジとしたら、ギーは使っているし、パラク・パニールは、最近作りましたけれど。
今回作ったカレーは、フライドオニオンを作る事から始まり、トマトではなく、ヨーグルトでコクを出したものをベースにするスタイルのカレーです。
極端にやってみようと考えて、今回は、トマトは、ひとかけらも使用していません。
また、今回のサーグ(青菜)は、ほうれん草を使い、チキンは、もも肉ブツ切りを使いました。
レシピについては、何かの機会に、答え合わせをしておかねばならないとは思いますけれど、これは、“宿題”と言う事で。
出来上がったマサラ(カレーの基本的な旨味が詰まったもの)に、生のチキンを投入する際のポイントは、水っぽくしない事だそうで、水を足さない状態で、チキンを確り絡めるように5分位は炒め合わせたいところです。
そして、水分を足す際も、たっぷり入れない事が大切だそうです。
今回は、さらにほうれん草を入れて、さらに炒め合わせた上、一緒に40分煮込んだのですけれど、お水は、あんまりって言うか、使っているお鍋の特性もあって、殆ど足しませんでした。
手前味噌ながら、美味しく頂けるレベルのものが出来上がりました。
但し、まだまだ自分の確固たる味には程遠くて、もうひとつ何か軸になるものが欲しいと思って止みません。
それから、あんまり重要な事ではありませんけれど、チキンは、皮は剥いでしまいます。
皮ごと使っても構わないとは思いますけれど、私が教わった限りの知識で言うと、インドでは、皮は剥がしちゃうみたいです。



拙ブログページ末尾のお写真が、サイズが小さくて見にくい場合には、サイズが大きいお写真(こちらをクリック) でどうぞ。

サーグ・チキン


本日の晩ごはん

奥の碗
「サーグ・チキン」
美味しいけれど、我流なので、誰か、レシピをください。
お皿手前左
「カチュンバル」
お好みの野菜をキューブ状にカットしたり、ショウガ、青唐辛子を刻んだら、レモン汁と塩で和えるだけの簡単サラダです。
お好みでチャットマサラをふりかけたりなんかして。
キュウリは、料理教室でも普通に皮ごとカットしてましたし先生も何も言っていなかったけれど、私は、皮は剥いて使います。
ちなみに、今回は、何を慌てたか?ショウガ、青唐辛子を混ぜ込むのを失念。
お皿奥
「グリーン・ピースとチーズのカレー」
レシピでは、パニール(インドのカッテージチーズ)は、油で揚げる指示ですけれど、好みの問題で、やってません。
ちなみに、これは“麻婆豆腐”ではありません。ましてや、飲み物ではありません。
お皿手前真中
「ジャスミンライス」

拙ブログページ末尾のお写真が、サイズが小さくて見にくい場合には、サイズが大きいお写真(こちらをクリック) でどうぞ。
本日の晩ごはん