« #26グルハギ(オフライン・ミーティング参加) | メイン | 自家製「レモン・ライス」 »

2008年09月01日

●自家製「里芋のチャナ・ダール・クートゥ」

本日は、別に体調が悪かった訳でもなんでもないのですけれど、変な時間まで、寝込んでいたので、こんな時間に、お夜食兼翌朝用のオカズを作りました。
とは言うものの、今から買い物とかいけないので、家にあるもので何か作るしかありません。
里芋が余っていたので、クートゥにしてみました。
里芋の素材の味わいを生かすために、色々と、試行錯誤を繰り返しております。
和食では、里芋の煮物は、好物なので、インド料理の素材としても、使いたいと思っていて、奮闘しております。
ちなみに、今回の里芋は、2つのポイントに気をつけて、下茹でしたのでしたけれど、かなり“オッケー”な感じ(個人的な感想)に、仕上がっております。
但し、作り方として、具材の下茹でが、王道なやり方かどうかは、留意するところでして、火の通し方とかで、充分に素材の味わいが生かせるものかも知れません。
あと、カボチャが、そろそろヤバヤバでしたので、この前習ったフェンネル風味の炒め物にしてみました。
一汁三菜が、日本の伝統的な献立のあり方とか言うのでしょうけれど、普段は、一汁一菜が限界です。
しかも、毎日は作らないので、スーパーに行くと、何かと、手っ取り早い“お惣菜コーナー”ものに、重宝しちゃっております。
まぁ、サンバルを具沢山にして作ったり、アチャールやチャトニを添えたりするなりすれば、相当、バランスの取れた食事には、近づけるのかも知れません。
とりあえず、今週の初めの朝ごはんは、まともなもの?が、いただける感じです。



拙ブログページ末尾のお写真が、サイズが小さくて見にくい場合には、サイズが大きいお写真(こちらをクリック)でどうぞ。
里芋のチャナ・ダール・クートゥ



拙ブログページ末尾のお写真が、サイズが小さくて見にくい場合には、サイズが大きいお写真(こちらをクリック)でどうぞ。
里芋のクートゥ+カボチャのポリヤル+ごはん