« 自家製「オクラのフライド・オニオン炒め」 | メイン | カフェ・スイス(南海/大阪難波) »

2008年09月19日

●カレーRix(大阪府/藤井寺)

仕事で、藤井寺駅近くにある銀行に用事がありましたので、その周辺で、ランチ・タイムとなりました。
本日は、自動車にて、岸和田→鳳(堺市)→藤井寺→富田林→岸和田と、ローカルな中距離移動でした。 線路の北側駅の東側にある路地に、ちょこちょこっと商店があって、その中にあるカレー専門店。
カウンターのみのお店は、マスターが、独りで切り盛りしている様子。
早速、注文をとは思いながらも、何がオススメとか、人気とか、ましてや元々流行っているお店なのかどうかもよく知らないのでした。
とりあえず、カツカレーにするとして、トッピングは、マスターが、“野菜系が良いのでは?”とのことなので、ナスの素揚げを頼む事にしました。
注文を聞いてから、カツとナスが、油に投入されるので、必然的に、揚げ物は、揚げたてです。
カレーは、玉ねぎを、丁寧に炒めたと言うか、処理したと言うか、口当たりが良いカレーソースに仕上がっています。
カレー粉は、既製品を使用しているそうですけれど、このリーズナブルな価格設定からは、納得の選択です。
当ブログでは、何度も書いていますけれど、私にとって、カツカレーは、好んで食べる類いなカレーでは、ありません。
けれども、このお店の様な、野菜系の甘味たっぷりなカレーですと、トンカツにかけるソース的な位置付けで、ごはんを食べると言う感覚は、まぁまぁ許せるかなぁって思っています。
食べる前に、このスプーン。
けっこう、ずっしりと重量感あって、それが何だか食べやすく感じます。
お店としての“こだわり”とかもあるのでしょうけれど、肩の力を抜いた様なさり気ない感じが、好感度高いカレーです。
トンカツは、衣はサクツと、お肉は、脂っ濃くなくて、ボリュームも、私には適量かと思います。
穏やかな物腰から、お人柄良さげと見受けられるマスターは、基本的に、お料理か好きなのでしょうね。
席数からすれば、お昼時に、3組3人のゲストは、やや閑散としていて、商売的には、お客さんで賑わうに越した事はありません。 ただまぁ、客の立場からすれば、ゆったり、のんびりと、手作り感が心地よいカレーを味わうひと時と言うものが、うまく当てはまったのでした。 なので、普段は、この手のカレーショップに立ち寄っても、ブログに取り上げるまでもないところ、敢えてエントリーした次第です。


店先の様子


カツカレー+ナスの素揚げ