« カレーRix(大阪府/藤井寺) | メイン | 宏亜楼(御堂筋線/なんば) »

2008年09月20日

●カフェ・スイス(南海/大阪難波)

本日は、私用で人と会う用事が3つ。
先ずは、(経緯は省略しますけれど)ごはんをおごってくれる用事。
場所は、こちらで指定可でしたので、『スイスホテル南海大阪』6Fにあるカフェレストランです。
ここは、ランチもティーもディナーも、各時間帯に応じたバイキングが用意されていて、けっこう豪勢なので、団体さんで、予約するなどして、出かけるのには、適しているかと思います。
本日は、マレーシア人シェフの采配による現地仕様なお料理を目指して来たので、アラカルト席です。
注文は、
「ハイナンチキンライスセット」
「ココナッツ風味の野菜と豆腐のカレー」
ところが、
「ハイナン....」は、本日は、用意していないだと。
“ナぁー!ニぃー!”
で、
“昨日、電話で問い合わせた際に、出来ます”って、聞いた旨(事実)、
“男は黙って”ごねてみました(何のコッチャ?)。
そしたら、ホールスタッフの人が、厨房に掛け合ってくれて、
“20分程お時間を頂けたら、ご用意させていただきます。”との事に。
もちろんOKですねん。
待つのならと、前菜に、
「スモークサーモンとアボカドのサラダ」も、頼む事にしました。
早速、サラダが来て、お食事が無事開始しました。
サラダが、まだ食べ終わらないうちに、頼んだものが次々出て来て、待つ事を承知した「ハイナン....」まで、運ばれてきました。
これが、テーブルに乗り切らないので、慌てて、サラダを何とかして、大きいお皿をひとつ退けまして、一段落です。
ココナッツミルキーながらも、たぶん、バイマックルやレモングラス系あるいはパクチーと言ったフレッシュスパイスのスッキリ感が、食欲を増進してくれるカレーは、根菜類がゴロゴロ、厚揚げも入っていて、検証したことは無いですけれど、現地仕様なのだそうです。
油揚げは、既成の厚揚げではなく、注文ごとに豆腐を揚げるらしいのですが、私には、違いは分かりませんでした。
並べて較べでもすれば、違うのかもしれませんけれど。
辛くないカレーが、このくらい嫌味なく頂けるのは、そのレベルの高さを物語っているのか、私の味覚が、いい加減なものか、そのどちらかかと思います。
ハイナンチキンライスは、無理言った結果になっちゃったけれど、スープには、ぶつ切り鶏肉が、ゴロンて入っていて、なかなか豪華バージョンです。
ごはんも、しっかり香り良く炊き上げられていました。
蒸し鶏は、プリンとした感じより、ややしっとりですけれど、それ自体は美味しくて、タレもいい感じで、付けて食べると、やっぱり美味しかったと思います。
これで、価格が、ホテル仕様でなければ、なお良かったのですけれど、本日は、自腹じゃないので、文句などございません。
お店は、全体的なホスピタリティは、まぁまぁの下くらいでしたけれど、ホールスタッフの対応は、無理も聞いてくれたので、概ね良好です。
もう少し食べてみたいメニューもあり、バイキングにも、興味があるのですけれど、何かの機会に、また利用してみたいと思ったのでした。


テーブルには、パンも運ばれて来ましたけれど、サラダに付いてきたのか、食事をする事に対して出てくるものなのかは、よく知りません。
スモークサーモンとアボカドのサラダ


バランス感覚が良好なカレーです。
ココナッツ風味の野菜と豆腐のカレーちょっぴりUP画像


お誂えな感じのガラスのトレーに、きっちりはまったお料理の数々です。
ハイナンチキンライスセット


ちょっとだけUP画像

『おくりびと』(公式サイトは、こちらをクリック)と言う映画を見ました。
私の記憶が正しければ、映画館で映画を見たのは、9年振りです。
本木雅弘、広末涼子が、主役なんでしょうけれど、それはそれとしまして、やっぱり、余貴美子の役柄と演技力は、いつも私たちを魅了しますね。感心しますね。大好きですね。
この映画の音楽は、久石譲が担当していて、これも素晴らしいですね。
タイトルからして暗そうなテーマですけれど、クラシック音楽にたとえると短調みたいなもんで、ブラームスの交響曲第1番ハ短調、第4番ホ短調、ベートーヴェンの交響曲第5番ハ短調、第9番ニ短調なんかが、壮大な音楽であるのと同じく、陰に篭る訳ではなく、見終えて、何だか気持ちが晴れる映画でした。
個人的な感想ですけれど、人間の心を動かすものって、“意志(石)の重み”なんだなぁって、思いました。
いやー、映画って、ホントに、いいもんなんですね。
サイナラ..サイナラ....サイナラ。。

コメント

ここのマレーシア人シェフは宏亜楼の方とお友達だそうですよ。
昔はHPにチキンライスやグリーンカレーなどが載っていて、いつか行こうと思ってたんだけど
最近まったく載ってないので、もう食べられないのだと思っていました。
アラカルトでやっているんですね。
お昼でも頼めるのかしら。
あ、でも宏亜楼が傍に出来たから、わざわざ高いお金出してホテルのチキンライスを食べる必要もないですね!
カレーも美味しそうだわ。

Leeさん、おはようございます。
チキンライスは、ちょこっと、味見しただけですけれど、美味しかったし、見た目にも、豪華でした。
カレーの方は、美味しく頂きました。
アラカルトは、昼夜関係なくあるらしいけれど、予約がベターみたい。
価格は、料理の質+食事の質、つまり、場所代とサービス代込みと考えて、満足できるかどうかですね。