« カフェ・スイス(南海/大阪難波) | メイン | 自家製「ベジタリアン・ミールス」 »

2008年09月20日

●宏亜楼(御堂筋線/なんば)

本日は、満席につき諦めるかと思いきや、なんと、お店の近隣に、ホール(お客さんが食べるテーブルのスペース)が、確保されていて、そちらに、案内されました。
凄い繁盛振りには、驚愕でした。
「あまから手帖」(2008年10月号)に、掲載されると、さらに、ファン層が広がりそうですね。
「海南鶏飯」を、注文し、本日は、料理名は忘れた上に、お写真も撮らなかったのですけれど、 「空芯菜炒め(カンコン・ブラチャン)」空芯菜を何ちゃらいうソースと一緒に炒めたやつやら、「チャークィティアオ」平麺を、えび、イカ、お肉などと、焼いたやつ(激辛ソース付き)とか、「生春巻き(北京ダック)」なんかも注文しました。
ちなみに、すっかり覚えいていない、お料理名は、ウエブサイト検索により推定しました。
しかも、締めに、もう一回「海南鶏飯」を食べまして、もう、お腹ハリハリハリィです。
本日は、お昼ごはんと夕ごはん時に、(Leeさんに、勝手に成り代わりまして)シンガポール料理なるもの未体験な2人に、その美味しさを紹介する事ができて、幸いに存じ上げます。
このような地道な姿勢は持ち合わせ居ないので、続きませんけれど。


海南鶏飯

トラックバック

» シンガポール料理;宏亜楼の「海南チキンライス・セット」 from まろまろ記
シンガポール・チキンライスが食べられると聞いて、シンガポール料理の宏亜楼をおとずれる。 シンガポール・チキンライス(海南鶏飯)は、鶏の出汁で炊き込んだご... [Read More]

コメント

私はお盆に行って、満席で諦めて出てきたっきり行けていません。
まさやんが案内されたホールって屋内ですか?
隣との境目にある小さなテラスじゃなくて?
前にお店を広げるって言われていたので、そこのことかしら。
とにかく、何だか人気店になってきましたねー。
初めはマイナーなシンガポール料理って大丈夫かなぁと心配したので、嬉しいです。
人気になりすぎて食べられないってのは困りますけど。

そうです。屋内です。
急遽、設置したのだそうで、それでも、なお、満席になっちゃう勢い。
この繁盛ぶりは、お店にとっては、何よりも良い事ですね。

リピーターが期待できるお料理&シェフの腕前かと思うので、雑誌とかTVとか、マスコミに露出して行けば、ファン層も広がるんじゃないでしょうかね。
かげながら、応援しております。

私も9月始めに行ったんですが、空心菜がおいしかったです!聞けば、クアラルンプールのお店からソースを送ってもらっているそうでした。
フィッシュヘッドカレーもおいしかったですよ♪
予約したので、幸い本店の方に座れたのですが、別室に通された人も多いみたいで、こちらにも席があるんですよ~という説明を受けました。
これ以上、人気出ないで・・・!

wakaoさん、おはようございます。
そういえば、ここでカレーを食べてませんでした。
前に来たときは、別に予約とかもなくて大丈夫だったのでしたけれど、凄い人気振りですね。
別室は、楽屋みたいって言うか?何ていうか?ゆったりスペースでした。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)