« シターラ・ダイナー(東京/品川) | メイン | ダクシン(東京/馬喰町)=オフ会 »

2009年08月01日

●カフェ・スイス(南海/大阪難波)

『スイスホテル南海大阪』6階『カフェ・スイス』では、2009年7月31日(金)から8月9日(日)の期間限定で、“シンガポール・フード・フェア”が、開催されています。
ランチタイムは、11:30から15:00(L.O.14:30)、ディナータイムは、17:30から21:30(L.O.21:00)で、本日は、ランチタイムに伺って見ました。
情況がよく分からなかったので、開始時間より少し前に着いて、予約の必要がなかったか?確認してみました。
予約した方が確実のようですけれど、本日この時間は、まだ予約なくても大丈夫でした。
土日は、制限時間90分の様子です。
何度か来た事のある場所なので、勝手知ったる感じですけれど、ホールスタッフの誘導に従って、席に着くと、さっそくお料理へと向かいました。

ビュッフェスタイルなので、スープ、サラダ、デザート群のバー、メイン料理のカウンター、ソールフードの屋台withお子様用フードのコーナーと言う具合に、3つのコーナーに、好きなものを好きなだけ何度でもお皿に盛り付けて、テーブルに戻ります。
お料理は、どれも洗練された仕上がりで、流石に、高級レストランで頂くお料理な感じです。
その裏返しで言えば、ソールな雰囲気を味わうのには、不向きな環境かと思います。
それでも、嗜好を凝らしたお料理の数々は、それぞれにお楽しみ満載です。

「スペアリブスープ」は、“肉骨茶”そのものではないけれど、そのようなもの。
「揚げパン」と一緒に頂きます。
大皿に盛り付けたのは、先ずは中央に、「豚挽き肉のミートボール」から。
手前から時計回りに、「スズキの蒸し物」「豚挽き肉とエビの黒クワイ巻き」「エビのソテー、フルーツあんかけ」「季節野菜の味噌炒め」「梨とマンゴーをタレで和えたもの」
ソールフードの屋台コーナーでは、丸ごと茹でチキンが、ぶら下げられていて、雰囲気を盛り上げています。
スタッフに声をかけると、盛り付けてくれます。
先ずは、「ハイナンチキンライス」から。
サテーは、マレーシアの屋台料理って感じなものですが、ビーフとチキンがありました。
ポークは無いけれど、イスラムは、豚は食べませんからね。
そして、これもマレーシア的お料理ですけれど、「ラクサ」
この辺で、既に、大満足飽和状態です。

続いて、カレーにも手を出してみました。
チキンのカレーも魚のカレーも、マレー寄りって言いますか、中華寄りのアジアな香りが、食欲を拡張してくれます。

まだまだ行きます。
デザートは、やはり別腹です。
果物やケーキのほか、「ストロベリーチョコファウンテン」もマシュマロとパイナップルで楽しみました。
フルーツや抹茶なんかの彩り寒天のデザートも涼しげに頂けます。

このビュッフェの締め括りは、コーヒーまたは紅茶(アイスまたはホット)が頼めます。
本日は、ホット・コーヒーを頂きました。

リッチな気分に英気を養って、お店を後にしたのでした。


入口の様子スペアリブスープバイキング色々


丸ごと茹でチキン


ハイナンチキンライスビーフ・サテー&チキン・サテーシーフード・ラクサ


野菜入り魚のカレーチキンカレー


デザート色々カラフルな寒天のデザート


コーヒー

コメント

なかなか充実してそうですね。
純粋なシンガ料理となると???みたいなものもありそうだけど(笑)
でも、中華寄りに作った方が万人受けしますからね。
チョコファウンテンまであるとは!
これだけは客寄せに外せないんでしょうか。

たくさん食べられない私も、ビュッフェはいろんなものを
少しずつ食べられるので大好きです。

withお子様用フードってのも気になる。。。

ホテル仕様のお食事としては、満足いきますよ。
但し、その洗練さが、余計だったりもしますね。
お子様用ってのは、見た感じ、アメリカンなフードですので、たぶん、期待するようなものではないと思います。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)