« タルン(大阪府/岸和田市) | メイン | 『サザンスパイス』料理教室(受講) »

2009年09月26日

●バインセオ・サイゴン(東京/新宿)

空路、定刻に羽田空港に着いたのですけれど、ホテルにチェックイン、4時に約束の場所へ向かう移動の関係で、昼食時間があるかどうかが、未確定でした。
とりあえず、先へ先へと言うわけで、新宿へ。
ホテルのチェックインは、午後3時からで、まだ30分ほど早いけれど、ここで時間を潰すのはつまらないので、チェックインカウンターで、尋ねたら、チェックイン手続が可能になりました。
そんな訳で、時間に余裕が出来たので、昼食へ。
開業25周年記念の新宿ミロード内にあるベトナム料理店にて、ランチです。
エレベーターの方が効率的なのでしょうけれど、何故か、9階までエスカレーターで上がりました。
お店は、3組ほどウエイティング中で、並ぶのは好きではないけれど、そうこうしているうちに、意外と早くお席に案内されました。

本日は、「土日祝ランチバイキング」です。
メインの料理を頼んで、あとは、ビュッフェ・スタイルです。
メインのお料理は、「鶏の照り焼き定食ろ「ベトナム風ナシゴレン」「豚の角煮丼」「ベトナム・チキンカレー」「ベトナム海鮮粥」 「バインセオ」「春雨炒め、カニ風味」「サラダ麺」から選べます。
本日は、「バインセオ」を頼みました。

ビュッフェは、あまり豪華さは感じないけれど、そこそこ種類もあって、楽しめます。
フォー・バーでは、フォーを、その場で作ってくれます。
あと、生春巻き、サラダ類、デザートなんかが、ちょこちょこっとあるけれど、フォー以外は、ひと口サイズの小鉢に入っています。
ドリンク・バーは、ハス茶、烏龍茶、オレンジジュース、ベトナムコーヒーなど、自由に飲めます。

店名の一部にもなっている「バインセオ」は、米粉、緑豆の粉、ココナッツミルクで作った生地に、豚肉やエビを混ぜて、湯がいたもやしなんかを包み込んであって、ベトナムの甘辛酸っぱいタレを付けて、レタスなどで包んで食べるものです。
ベトナム屋台の定番メニューなのだそうですけれど、現地に行ったことがないので、どれがネイティブな味わいなのかは知りません。
本日は、とても美味しく頂きました。

制限時間90分らしかったけれど、90分も留まるもりはなく、むしろ、もう少し急いでいたので、けっこう慌しいランチタイムとなりました。
ベトナムコーヒーを入れてみましたけれど、ちょっと大変でした。
とりあえず、空腹は埋まったので、お勘定を済ませて、お店を出ました。