« ミュウ(東京/本郷三丁目) | メイン | ショナルパ(神戸市/三宮) »

2009年09月27日

●クスクス(東京/日暮里)

この春頃、チュニジアに関するTV番組を見て、チュニジア料理なるものを一度は食べてみたいなぁと思いつつも、時間やほかの外食の都合など、折り合いが付かなくて、なかなか行けなくていました。
本日は、あえて時間を作って行って見ました。

当ブログの食のカテゴリーは、カレーが中心なので、当てはまる分類はないのですけれど、便宜上、一旦、カレー店の分類に入れています。
気が向いたら、別の分類を考えます。
チュニジアは、ヨーロッパの対岸にある地中海に面した国で、オリーブなんかの産地でもあるみたいです。お料理を分類するなら、地中海料理と言うことになるのでしょうか?

ディナーのビジネスアワーは、午後5時30分からなので、ちょっと前に着いたのですけれど、もう大丈夫と言う事で、席に案内されました。
店内は、日本人には、ちょっと暗いなぁって感じるくらいの照明感です。

クスクスとブリックが食べたかったのですけれど、ほかにも色々食べてみたいと思い、大筋をコースで頼む事にしました。
「ハッピーコース」を、注文しました。
内容は下記。
「サラダ メシュウィーヤ」
グリル野菜の冷製サラダ。
「本日のスープかミニ・アラカルト(前者を選択)」
本日は、トマトベースのショートパスタ、小エビ等が入ったスープ。
「ビーフステーキかダジェージマハシ(後者を選択)」
キャベツの中にチキン、チキンの中にピラフを詰めて焼いたもの。
特製のチキンソースがかかっている。
「メルゲーズのクスクス(本日は、野菜のクスクス?)」
オーソドックスなクスクスなのだそう。
「デザート(本日はクリーマ)&チュニジアのミントティーかアラビックコーヒー(コーヒーを選択)」
カスタードクリームを使ったプリン。

アラカルトのメニューより
「ブリック」
生たまごをクレープ皮の様な四角い生地の真ん中に、生たまごほかの具材を置き、生地を対角線に三角に畳み込み、上手に持ちながら油で揚げた春巻きみたいなもの。
生地のフチを密閉しないまま、中の具材が毀れない様にしながら、油に入れる調理は、熟練が要るんじゃないかと想像します。
コース以外に、ブリックを食べたせいか?クスクスの時点で、お腹が一杯になっちゃいました。
なので、クスクスは、半分くらい食べて後は、テイクアウエー。

初チュニジア料理の感想としては、どぎついスパイシーさは感じないけれど、全体的に、酸味とか香りとかが楽しめるお料理が多いと感じました。
お料理から嗅覚を擽られながらお食事するのも楽しいものです。
デザートを別腹に収めてコーヒータイム。
食後は、ミントティーを頼んだ方が良かったなぁと思いましたけれど、コーヒーは、これはこれで美味しく頂いたのでした。
コーヒーもお水にお花の香りが付いていて、コーヒーのアロマとの絡みは、日本人の香りとの関わり方からすると、好き嫌いはあるでしょうけれど、なかなか面白かったのでした。
また、水たばこと言うのも体験できるみたいで、こう言うのも香りを楽しむ一種なのでしょうか?今回は、そこまではやらなかったのですけれど、一度くらいは、試してみても良いのかなぁとか思っているところです。

アフリカの地中海沿岸の街で、そこの空気感の中で味わってみたいものです。