« 自家製「南インド風チキンカレー」 | メイン | 自家製「チキン・コフタ・マサラ」 »

2009年10月13日

●自家製「チャーイ」

三連休明けは、ちょっぴり早起きしました。
出勤前に、モーニング・チャーイをしながら、善からぬ妄想に耽って見ました。
こうゆう余裕も必要ですね。

妄想って....。

日本の秋の味覚って、きっとインドでは、普通には食されていないよな?って思うものが、けっこうあって、こいつらを、インド料理の手法で調理したら、どんなお献立が、できるのかしら?とかね。

秋の味覚って....。

クローズアップしたいのは、栗、銀杏、松茸、秋刀魚、柿、梨

献立って....。

①「焼いた松茸と梅肉入りトマト・ラッサム」
タマリンドではなく梅肉とトマトで酸味を採ったラッサムに、盛り付け時、焼いた松竹を浮かべる。
酢橘を添えて。
②「栗のクートゥ」
茹でた栗を皮を剥き具材とするクートゥ。
③「秋刀魚のスパイシーグリル」
スパイスを擦り込んでおいた秋刀魚を、グリルで焼く。
こういったマサラローストは、既存か?
身を解して、上記①ラッサムに入れて召し上がれ?
てか、パリパリの皮が美味しいかも?
④「柿入り南インド風のエビ・カレー」
柿(渋柿?)を仮想未熟マンゴーとして使用し、ココナッツミルクを加えて煮込む南インド風。
⑤「銀杏のプラオ」
マタル・プラオのマタル(グリーンピース)を、銀杏に代えて炊き込む。
⑥「焼き梨入りライタ」
焼き茄子でもなければ、焼きりんごでもない。
焼いた梨をヨーグルトと合わせて見よう。

現実的じゃないものもあるかも知れないけれど、やってみたら面白いかもってものもありますかね?
オリジナルなアイデアに限らず、影響を受けているものも含めて、私の発想の限界は、まぁこんな感じかな?

止しなさいって....。


チャーイ

コメント

すばらしい!

私はこういう発想は大好きです。
インドにないだけ インド人は知らないだけ でもインド料理に合う食材はある!

イタリア料理しかり。中華 しかり。

日本の食材は 季節感にあふれ 旬があり おいしいものがいっぱいなのです。使わない手はないよ!

最近の創作インドでおいしかったのは はまぐりのカレーと うずら卵のカレー。

まさやん、どんどんやるべし!

色々とチャレンジ出来る程の熟練の腕は持ち合わせていないのですけれど、妄想は、頭の体操にはなりますね。

甘いチャーイを飲みながらですと、くるくる回ります。

> 最近の創作インドでおいしかったのは はまぐりのカレーと うずら卵のカレー。

なるほど楽しそう。

今晩は。
チャーイ、と言えば、スリランカで通っていた
タミル系のインド料理店のおじさんが、
ものすご〜〜く高く手を上げてカップからカップ
に注ぎ込んだりしていましたが、まさやんさんも
お宅でしていたりして・・・(汗)。
あれって、圧巻ですよね。。。。

焼いたなし&ヨーグルト!おいしそうですね。

それにしても、モーニング・チャーイって。
その名前で一曲出来そうですね!

Lanka Styleさん、こんばんは。

チャーイもコーヒーも、ジャーってやってますよ。
そんなに高くはかざさないけれどね。
熱いカップは持ちようですけれど、それが克服できれば、後は楽しいもんですよ。

> 焼いたなし&ヨーグルト!おいしそうですね。

ちなみに、梨って焼くと、どうなっちゃうのだろ?

>ちなみに、梨って焼くと、どうなっちゃうのだろ?

以前スライスしてソテーした事があるのですが
甘みが増しました。少し粘りのある感じ?

やっぱり、
ジャーってやってらっしゃるんですね。(笑)
さすが本格派ですね・・・。

なるほど、甘味は増しますか。

水分が跳ぶと果肉の食感が後退しそうなイメージだけがありました。
梨の種類によっても違っていそうですね。

機会があったら、試して見ます。

既出か?
蓮根のパジャ。
パンチホロン、その他バリエで。

最近、蓮根って食べていないなぁ。

擦って団子にしてスパイスで炒めても揚げてもよさげかな?

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)