« 自家製「チャーイ」 | メイン | 自家製「銀杏入りオニオン・プラオ」 »

2009年10月14日

●自家製「チキン・コフタ・マサラ」

職場の者のリクエストにお応えして、以前、料理教室で習ったイスラム家庭料理なカレーをひとつ。
コフタは、団子の事です。
マトンの挽肉で作るのが美味しいらしいけれど、今までにマトンでは作った事はありません。
チキンの挽肉でもけっこういけると言うか、衝撃的に美味しいので、あえてマトンには手を出していません。

さてと、どんなカレーにも共通するって言うか、どんなお料理にも当てはまるのかもしれませんけれど、食材を切りそろえるという時、厚みや大きさを揃えるって大事だと思います。
何気に、粗ミジン切りする玉ねぎも、ざく切りするトマトも、だいたい均等に切られるのが美しい。
見た目ではなく、火の通り方が均等になるという意味でです。
コフタのタネは、鶏挽き肉、ジンジャー&ガーリックペースト、トマト、青唐辛子、香菜、ターメリック、チリペッパー、ガラムマサラ、レモン汁、塩を、しっかり捏ねて、ゆっくり寝かしておきます。
マサラ・グレイビーは、トマトベースで、カスリメティがあれば加えたい。
スターターホールスパイスとして、クミン・シード、カルダモン、カシヤ、テジパッタ、スターアニスを使いました。
団子は、綺麗に丸めたものよりも、ちぎっては、軽く成形するかしないかな状態で、投入する方がフワッとジューシーに仕上がる感があるかと思います。
ここでも、大きさは均等な方が良いと思います。
グレイビーは、ちょっと少ないんじゃない?って感じが良くて、コフタを投入すると、量が増すので、意外と適量になります。

ここで、宣伝!!
美味しく作るコツ、失敗しないコツは、色々とあると思います。
私は、料理教室で習った幾つかのポイントを押えて作るので、「チキン・コフタ・マサラ」で大きく失敗する事はありません。
レシピには、ちゃんと書いてあるのですけれど、自力でサラッと見ながら作りますと、意外と見落としがちな部分が多いのでして、いざ出来上がって見ると、ぼんやりとした味わいになったりすると思います。
そこら辺は、プロのレクチャーによる料理教室では、確りとマスターできます。
ちょっとしたポイントを習得するだけで、メリハリの利いた味わいに決まるとなると、出来ないなりに独学に励むのも楽しいでしょうけれど、習うと言う近道は、大いに利用すべきだなって思っちゃいます。
今年の11月22日(日)に開催する『料理教室in神戸~渡辺玲さんを迎えて~』では、
“なるほど初めて理解した!”とか、“目から鱗が零れ落ちた!”とか言う、素敵な感動のオンパレードです。
是非、ご参加下さい。

このカレーは、こうした工程がパズルみたいでとても楽しいから好きです。
今朝は、玉ねぎを剥くところから、だいたい40分程でマサラを完成させ、前日に仕込んでおいたコフタのタネを投入し、出かける支度をしながら、30分ほど火を通して完成させました。
職場の者たち、本日は、タッパーを持って来ているらしい。


チキン・コフタ・マサラ

コメント

>衝撃的に美味しい

おぉぉ、私もタッパー用意しようかな♪

レシピって、文字面だけを追うのではなく
その意図するところを読み取ることも必要だと思います。
実際に先生が作ってるとこ見たり、習ったりしたら
ちゃんとその意味を理解することができるから、
自己流アレンジとかへの応用力もつくんじゃないでしょうか~。

と、宣伝にいっちょかみ(笑)

救援有難うございます。

読んでから習うか?習ってから読むか?

今度の料理教室では、予習は必要ではないけれど、予習していっても面白いと思います。

レシピ本から、細かい所作まで的確に読み取れる人は、習わなくても大丈夫ですけれど、普通は、そうは行かないと思うんですよね(笑)。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)