« 自家製「チキン・シャージャハーニー」 | メイン | 『サザンスパイス』料理教室(受講) »

2009年10月24日

●リトルサイゴン(東京/下北沢)

最近、時折伺うのは、ベトナム料理店。ベトナム料理のお目当ては、「バインセオ」です。
ここでも、例にもれず「バインセオ」を注文です。
だけど、本日は、その前に、「バインミー」を、そして、ランチタイムなので、「ミニ・チェー」を付けてもらい、食後に、温かい「ベトナム・コーヒー」を頂くことにしました。 ヨーロッパでは、オムレツのような黄色いお料理があるし、インドには、カレーと言う黄色いお料理があります。
日本にも、黄色いお漬物もあるな?
黄色は、食欲をそそる色なんですかね?
ちなみに、バインセオの黄色は、ターメリックじゃないかな?
たまごではないと思います。

緑豆粉、米粉、ココナッツミルク、ターメリックを溶いた生地を、豚やら何やらを絡めて焼いて、もやしとかどっさりのやつを包むように畳んで、盛り付けられていて、ベトナムの甘酸っぱピリ辛いタレを付け、レタスの様な大きい葉っぱで巻きつけて、パクッと口に入れます。
元々、ベトナム屋台の定番料理ということもあって、やり方も食べ方もダイナミックです。
ちなみに、もやしって、緑豆を発芽させたものなのかな?
美味しい!バインセオは。