« 『サザンスパイス』料理教室(受講) | メイン | シターラ・ダイナー(東京/品川エキナカ) »

2009年10月25日

●アーンドラ・キッチン(東京/御徒町)

「ノンベジ・ミールス」にて。
どうでもいいけれど、チェンナイのお安い食堂では、ベジタリアン・ミールスを頼みたいです。
ここは、日本なので、ベジには、拘りません。
宣伝ではないけれど、平日夜に出しているミールスは、休日、ランチに、おトクな価格で味わえます。
ここで、大阪人。
注文してから待つのがあまり好きではない。
ご飯を食べに来て、ごはん以外のことを考えながら待つのも、好きではない。
大阪のお笑いの中に、出前を注文した電話を切った瞬間に、出前の人が、おかもちを持って“お待ちどう様でした!”登場するギャグがあるけれど、大阪人の“待ち”に対する観念は、その辺にあるのでは?なんて思います。

先日も、東京では見かけないけれど、大阪では、スープが出てくるインド料理屋をよく見かけると言う感想を聞きました。
スープと言われて、ピント来なかったのでしたけれど、確かに、サラダとか、パパドゥとか、何か直ぐに出てくるのは、大阪に拘わらず、インド料理店では度々見かけます。
よくよく考えてみると、“なるほど”と思いあたる点もあります。
まず、注文してから、如何にスピーディかは、“イラチ(せっかち)”な大阪人には、特に、大事かもしれません。
その要請が、東京に較べて大阪では多く、しかもスープが充てられる事が多いのかな?なんて思いました。
スープではないけれど、串揚げ屋さんでは、キャベツが、最初からテーブルに備え付けてあったりまします。
あるいは、大阪では中華屋さんとか、ステーキ屋さんとかも同様なのではないか?と言う仮説まで浮かび上がってきました。
何れにせよ、インド料理店に限らずですけれど、“イラチ(せっかち)”な客を納得させる“待ち時間短縮作戦”のアイテムが大阪では、必要なのかも知れまくせんね?

このお店では、そんなに待つことなく、頼んだものが出て来ました。
ただ、インド人のホールスタッフが、
“マイハンドお願いします。”と、しきりに言うので、“手で食べてみて”って、言う意味と察し、スプーンで食べたかったのですけれど、手で食べる事にしました。
ところが、サンバルが、熱いのなんのって、ヤケドしますわ。
とりあえず、いとしきり頂いて、ごはんとサンバルをお代わりしたりなんかして、食後は、コーヒーを飲みました。





コメント

スリランカで所属していた会社の日本支社が
この近くに有るので、次回顔を出す時にでも
このお店をチェックしてみます。

そういえば、大阪出張時にふらりと入ったお好み
焼き屋さんの手際は、めちゃめちゃ早かったなぁ・・・。

なかなか美味しかったですよ。
ティファンも色々あるので、それらが、美味しく頂けるのなら、けっこう楽しめるお店だと思います。

素手で食べるには熱くて大変でしたけど、やっぱり、頑なにスプーンで食べるべきだったと思います(笑)。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)