« 本日スペシャルイベント開催!(満席御礼) | メイン | インド料理食事会~渡辺玲さんを囲んで~ »

2009年11月22日

●インド料理教室in神戸~渡辺玲さんを迎えて~

遂に、3ヶ月かけて計画してきた料理教室が、開催実施されました。
渡辺玲さんが講師の料理教室は、今回が、いわゆる“関西初演”です。

思えば、今年のお盆前に、渡辺玲さんから、
“11月に京都に行く機会があるけれど、関西で料理教室を開催した事がないので、企画してもらったら面白いかな?”
的な、ネタ振りを頂いたのが事の発端でしたかね?
それから、この話を大阪に持ち帰り、グルハギ主宰者のHaggieさん、マネージャーのしょう君さん、インド料理文化に造詣が深いお知り合いのramiyaさんに、相談を持ちかけたと言うか、 彼らを巻き込んだのでした。
それから、会場の手配、渡辺さんとのスケジュールの調整、講習メニューの設定、予算、フレッシュ・チキンなど食材調達のお店選び、参加者の募集や参加費の徴求、食材の予約配達の交渉、レシピそのほか渡辺さんとのさらに細かい段取りの調整、前日の最終打合せを経て、当日を迎えたのでした。

さて、当日ですが、実行委員が手分けをして朝の準備から。
JR三ノ宮駅集合係、渡辺玲さんとの待ち合わせ係、開鍵と配達物受け取り係にて、実行委員それぞれの朝がスタートしました。
予め想定していたタイムスケジュール通り順調に進む一方で、当日のキャンセル電話が立て続けに2人かかったときは、どうしようかと思いました。
また、会場の調理器具が、予想できにくい場所に収納されていて困ったり、色々と大変でした。
時間との勝負もあり、もたもたする訳にも行かないと言うのは、実行委員4人の共通意識で、渡辺さんからの助言と、実行委員それぞれの連携で、辛うじて、講習スタートに漕ぎ着けたのでした。
参加者の皆さんは、とても積極的かつ協力的に行動していただきました。
とても有り難く思っています。
講習は、渡辺玲さんの進行で、食材の切り分け段取りから各メニューの完成まで、美味しく出来るコツや食材の取り扱い方の注意などを細かく丁寧に伝授いただきました。

今年の9月まで、月例で行なわれていた阿佐ヶ谷の料理教室では、渡辺さんが一人で準備から実施までをなさっていたのかと思うと、敬服するばかりです。

調理台6台に分かれて各班各様に美味しいランチプレートが完成したのではないかな?と思います。
ちなみに、「レモンラッサム」が辛いってのが、よく理解できなかったのですけれど、カイエンペッパーは使わないし、基本的に辛いスープカレーではなくて、おそらく、青唐辛子を噛んだのですね。
完成後に、青唐辛子を引き揚げておけば、激辛リスクは軽減されると思います。

本日の講習メニューは下記。
「南インドのチキンカレー」
「サトイモの南インド式香味炒め」
「レモンラッサム」
「トマトライス」
ほかに「チャーイ」
予定外にこんなお料理も
「トマトとオニオン入りパチャディ」
実行委員会からはこちら
「パパド」

ご参加いただいた皆様、渡辺玲様、実行委員そのほかこのイベントに携っていただいた関係各位には、深く感謝の意を表しますとともに、心より厚く御礼申し上げます。
有難うございました。

今日のメニューが、各ご家庭で再現されて、南インドカレーのファンが一層の広がりを展開したならば、これ幸いに存じます。


渡辺玲さんの『カレー&スパイス伝道師☆ブログ』で紹介されていますのでご覧下さい。
神戸で料理講習(こちらをクリック)


本日の成果

コメント

ご苦労様でした。
さて次回はいつかな? すでに次回の要望が会場で出されていましたので、一発こっきりでは済まなくなりましたね。
つぎは春かな? 季節ごと(ワンクール)ごとにと開催すると食材の変化も楽しめます。

レモンラッサムが辛いというのは、おそらくその通りでしょう。 タネやワタを食べるとなおさらなんですが・・・。

先ずは、お疲れ様でした!

次回以降の件は、ゆっくり相談しましょうね。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)