« The VERANDHA | メイン | Southern Aromas »

2010年01月10日

●Hot Chips

軽食カフェにてスナックを。
ここは、チェンナイ市街に複数あるチェーン店で、Tナガルにもあるので、気軽に立ち寄れて、関西で言うところの『おはぎの丹波屋』的な意味合いで、信頼できるお店と、個人的には思います。
お目当ては、カルカッタ・スタイルの軽食のひとつ“Pani Puri”。
前回、『The Park』ホテルの『601』レストランにて、食べた事はあったのですけれど、こういう軽い場では初めて。
勿論、屋台なんかでは食べた事はありません。

この店は、A/Cがない店先で食べる事ができます。
そうすると、スタンドのちょっとしてテーブルになっているところで、小さいお皿を渡されて、そこに1個ずつパニプリを置いてくれて、1個食べ終わったら次と、“椀子蕎麦”みたいに、出してくれます。
それを、1セット5個(6個か?)くらいです。 今回は、両手が塞がると、お写真撮りにくいし、暑いので、A/Cルームにて、頂くことにしました。
A/Cルームは、涼しいかと言うと、そうでもないけれど、暑苦しくは無い程度で、扇風機なんかも回っています。
とりあえず、場末の喫茶店程度の照明と清潔感で、とても良い環境とまでは言えません。
ただまぁ、ゆっくり腰掛けられるし、楽チンではありましょうか。

当然っちゃ当然ですけれど、ここでは、パニプリは、1つのお皿に、1セット分乗って出て来ます。
あと、ついでに、フレッシュ・ライム・ジュースも頼んだのでした。

パニプリは、タマリンドのソースと、ミントのソースが付いていて、それのどっちかに潜らしたり、両方かけたりして楽しみます。
爽快と言うか、甘いと言うか、酸っぱいと言うか、サクサクとしたスナックの食感と、スパシーな味覚とが、相俟って、このこのひと口サイズが繰り広げる世界は、実にスペクタクルです。

お家でも出来ないかな?