2010年10月31日

●自家製「カボチャのフェンネル風味ポリヤル」

ハロウィンなのでとか、あんまり関係ないけれど、カボチャの料理でもと思ったりなんかして。
そんな訳で、カボチャを使って、南インド式香味炒めを作ってみました。

ハロウィンは、もともと、蕪をおまつりする行事なのでしょうけれど、流通とか蕪自体のコンディションの問題でしょうか、何時しかカボチャが代用されるようになって定着したみたいですね。
勿論、そんなこんなも私にはあまり興味の無いお話ですけれど。


2010年10月30日

●自家製「ラム・カラヒ」

ラムカラヒは美味しいけれど、問題は、お肉の脂とラム自体カロリーが高いって事です。
カロリーが高いものを食べるって事は、それに合わせて、代謝を助けるものも食べるって事によって補えるのかも知れませんけれど、理屈と現実とは、簡単にはリンクしないのが実際のところかと思います。

本日は、約140gのロース。やや脂肪箇所もあるお肉ですけれど、やっぱりラムは美味しいです。
まっ、今月は、体重だけで言えば予定通り推移したので、傾向を見ながら、来月は、お肉も食べていこうかな?とは思っています。
一方で、10月は、しっかりした運動ってしなかったので、11月は、ちょっと気をつけて運動したいと考えています。
なんだか、お料理のお話よりも、ダイエットのお話に重点が来ちゃってますけれど、まっ、一過性のもの????とりあえず、今は仕方ないんです。

そんな訳で、ラムカラヒ。

カラヒは、渡辺玲さんの料理教室で習った「チキン・カラヒ」のものを参考に作っています。
ところで、習ったポイントを押さえさえすれば、美味しくできますけれど、失敗することがあるとすれば、レシピ通り作らなかった場合ではないか?と思います。
レシピを知っていれば、レシピ通り作れると思い込んでいると、失敗します。
要は、如何にポイントを守って作るか?が、レシピ通り作るって言う事だからです。
勿論、レシピを知っている事は、最低限必要ですけれど、それは、前提であって、それさえあればすべてが解決する事ではないと言う事です。

カラオケで、譜面通り歌っている人の歌が、味気なく聴こえる場合があると思いますけれど、料理が美味しくできるかどうかと同様、聴かせどころのポイントを押さえていない帰結ではないか?と思います。
逆に、ポイントが会得できている人は、たいていの歌を上手に歌うでしょうけれど。

レシピ通り作るって事は、教えてくれる人が居るなら、その人から重要ポイントを会得するか、真似をしてみるって大切だと思います。
そして、そのポイントについて練習あるのみですね。ポイントを押さえて作れるスキルを、しっかり身に付けたいものです。
勿論、ポイントがズレていたら、何時までも失敗する事になるのでしょうけれど。


2010年10月29日

●自家製「バナナ・ラッシー」

本日は、やたら油を使ったランチを食べたので、夜は、軽く済ませようって事で。
ラッシーじゃ足りないので、バナナをぶち込んでミキサーでグラインドしてみましたよ。
砂糖は控えめにして、総量400ml。カラダがスッキリしたので良かった。でもね。
ラッシーを飲み終わって、体重を計ったら75.0Kg体脂肪率24.0%でした。
ランチは、しっかり食べないとダメですね。食べるだけじゃなく、カラダを動かさなくっちゃね。

そんな訳で、来週は11月です。今度は、1ヶ月かけて、75Kg未満スタートの70Kgフラットを目指しますかね?
それと同時に体脂肪率の23.0%以下に改善です!



2010年10月28日

●自家製「サフランライス」

暫く、ジャスミンライスを切らしていたのですけれど、久々に5キロ買ったので、サフランなどを入れて炊いてみました。

サフランライスを香り高く美味しく炊き上げるのには、ちょっとしたコツがあります。
ある方程式を守って作れば、ほぼ失敗しないけれど、ココには書かない。

ところで、本日の夕食は、ハンバーグでした。
ダイエット開始前に、きっと何処かで辛くなるだろうと思って買っておいた湯煎して食べるハンバーグ。
110gで、お肉は、牛と豚を使っていて、とってもジューシーなやつです。
こう言うのは、食べないべきだと思うので、もう買わないと思うのですけれど、この分は、明後日くらいで賞味期限が切れるため、捨てるのも何なので、胃におさめる事にしたのでした。
サフランライスにもバターを使っているし、本日は、脂肪を多く摂取しすぎている感は否めませんね。
とりあえず反省はするものの、レコーディングダイエットは、食べたものをノートに記録する限り、特に何も制限がないという方針です。
もしも、今日の食事が原因で、体脂肪率とか、体重とかに傾向が出たら、それはそれで意義があるのです。
締めにライタ。
食後は、プーアール茶を飲んで、軽く運動。
かなり言い訳がましい記事になっちゃいました。

「サフランライス」は、11月14日(日)午後2時、西九条のクレオ大阪にて開催する「インド料理教室in大阪~渡辺玲さんを迎えて~」(こちらをクリック) の講習メニューでもあります。ご興味ある方は、ぜひご参加ください。
http://masajan.com/method.html


2010年10月27日

●自家製「カチュンバル」

レディサラダ、ニンジン、キュウリ、甘長とうがらし、タマネギ、トマト、コリアンダー葉、ショウガ、を使って、インド定番のサラダであるカチュンバルを作ってみることにしました。
ちなみに、レディサラダは、三浦大根と海外(アメリカやドイツなど)の大根を交配してできた大根です。
スパイスは、色々と使うものがあるけれど、今回は、チャットマサラや赤唐辛子粉は使わずに、ターメリックのほか、クミンシード、コリアンダーシードとブラックペッパーを空煎りしてからミルしたものを振り入れました。
あと、レモン汁と塩で調整ですね。
順序だてると、先ず塩、ターメリック、レモン汁の順に入れて混ぜ合わせて、数分して水気を切ったら、 ミルしたスパイスを和え合わせるって感じかな。

「カチュンバル」は、11月14日(日)午後2時、西九条のクレオ大阪にて開催する「インド料理教室in大阪~渡辺玲さんを迎えて~」(こちらをクリック) の講習メニューでもあります。
ご興味ある方は、ぜひご参加ください。 http://masajan.com/method.html


2010年10月26日

●自家製「ジャガイモとカリフラワーのサブジ」

サブジは、「北インドの香味炒めの事」なんて書くと、炒めるのかぁ?って、誤解が生じますね。
何が誤解か?って言いますと、この調理の中で重要なのは、蒸し煮(あるいは蒸し焼き)にする工程だからです。
炒めは、サブジのレシピによっては、タマネギを炒めるって事があったり野菜を炒め合わせるって事があったりするけれど、各工程は蔑ろには出来ないものの、そこが最も重要って訳ではないと思います。
野菜は、蒸すと美味しい事は、わりと容易に理解できると思いますけれど、インドの場合、そこにスパイスを加えて、もっと美味しく作るのですよね。
で、サブジは、インド料理の中ではメインディシュと言うよりは、どちらかと言うと副菜な位置づけかと思いますけれど、日頃の食事には欠かせない一品と言っても過言ではない存在なのかも知れません。

そんな訳で、サブジにも色々あるけれど、ジャガイモとカリフラワーのサブジは、とってもポピュラーな組み合わせです。
“アル・ゴビ”なんて言うメニューは、巷のインド料理店でも良く見かけるけれど、だいたいそれの事だと思って良いかと思います。
渡辺玲著『誰も知らないインド料理』(出帆新社)の中では、“アル・ゴビ”と言う料理が、3つのタイプに区別して紹介されています。
“アル・ゴビ”といった時、まさにサブジ的なのもの、汁気のあるカレー的なもの、マサラ的なのものってタイプに違いがあるかと思いますけれど、たぶん、どのタイプのものもサブジには違いないと思って良いのでしょうね?
ちなみに、本日作ったものは、マサラタイプです。
個人的事情で、油は、ごま油小さじ1しか使っていませんけれど、気にしなければ、大さじ1以上使った方が、タマネギの炒めのコンディションが良くなると思います。

スパイスも大事ですけれど、サブジの味を決めるのは、塩だと私は思います。
そのほかにも、色々とポイントはあるけれど、一番良いのは、美味しく作る人の作り方を見て真似る事からはじめるのが、なんやかんや言って一番の近道ではないかと思います。

「ジャガイモとカリフラワーのサブジ」は、11月14日(日)午後2時、西九条のクレオ大阪にて開催する 「インド料理教室in大阪~渡辺玲さんを迎えて~」(こちらをクリック)の講習メニューでもあります。
ご興味ある方は、ぜひご参加ください。
http://masajan.com/method.html


2010年10月25日

●自家製「チャーイ」

一週間の仕事はじまりの朝は、チャーイで、シャキッとしましょう。って言うか、早く起き過ぎた!
まだ夜中って言うか、時差で考えると、インドなら、これから寝ましょうかって時間に、もう私の月曜日がスタートしちゃっていますよ。

11月14日(日)午後2時、西九条のクレオ大阪にて開催する「インド料理教室in大阪~渡辺玲さんを迎えて~」(こちらをクリック)にて、講師が直々に入れる美味しいチャーイをお出し致しますよ。
ご興味ある方は、ぜひご参加ください。
http://masajan.com/method.html