2011年03月20日

●#45グルハギ(オフライン・ミーティング参加)

本日は、神戸長田にて、Haggieさん主宰、しょう君さんマネージメントのグルハギに参加しました。
本日は、私は、レモンラッサム、ウタパム、マイソールパクを作りました。
ちなみに、マイソールパクは、あまり出来栄えが良くないので、作らなかったことにしたいのですが。

では、本日のラインナップ。先ずは、ターリー中央から。
①「ベジタブル・プラオ」(サヤインゲン、ニンジン)
ターリーの12時の位置に欠けて写っている
②「パパル」
パパル手前カトゥリから時計と反対周りに
③「ナスのサンバル」
④「レモン・ラッサム」
⑤「ダールカレー」
さらに
⑥「ココナッツ・チャトニ」
⑦「ワダ」
⑧「彩り野菜インド風サラダ」
小鉢
⑨「グラブジャムーン」
⑩「マイソール・パク」
⑪「ピックル」
⑫「ジャガイモのマサラロースト」

今回は、ウタパムを、屋台風に、私が実演で焼いてみました。
なんか、インドのレストランのビュッフェなんかにあるドーサを焼くコーナーみたい。 そんなわけで、各テーブルでシェアして頂きました。
⑬「ウタパム」



2011年03月19日

●タージベンガル(名古屋/東刈谷)

タージベンガル会は、み~るさん(mixiネーム)が主催する東刈谷にあるインド料理店『タージベンガル』にて行なわれる食事会。
店名の通り、ベンガル地方のお料理が満載なメニュー構成です。
マニヤックな皆さんが集まっての食事会なので、とっても楽しいです。
私の様な薄っぺらい者は、ついていくのが大変でもあったけど。

先ずは、前半料理からターリーに乗って登場。
「チャプリ」米粉と磨り潰したヒヨコマメで作った生地でクレープ状にやいたもの。タマネギ、赤唐辛子なども入っている。
「バジ」ホールトマトを潰したものをベースにジャガイモを絡めて炒め蒸し焼いたものだと思う。
「ココナッツ・チャトニ」

いきなり、なんと言うか、食べた事ない料理を出されて、美味しくパクパク頂いたけれど、ここはお代わりせず冷静にセーブセーブ。

後半へと続く。
ターリーに、バスマティライスのスチームと、カトリ2個左が「ゆでたまごのボッタ」 右が「ナスなど野菜入りゴマ風味マサラ」
ちょっとあとで、別カトリに「ダールカレー」
カライ皿にて 「赤魚のマチェリ・ジョール」

ちなみに、料理名はうろ覚えなので、誤り判明しましたら都度訂正しますので、詳しい方は、どうぞご指摘くださいませ。

このあと、スイーツとして、「キール」を頂きました。
米粉を使って、椰子の樹液からなる蜜(グルあるいはグールと言うらしい?)で味付けしたちょっと珍しいもの。

最後に、チャーイ。








2011年03月17日

●自家製「バター・プローン」

「プローン・バター・マサラ」って表記すべきか?でも、タマネギ使わないマサラってありかどうかわからないし。
パンジャーブ地方の名物カレーである「バター・チキン」のエビ版として作ったので、「バター・プローン」って事にしておきましょう。

サブジもひとつ。
スティック・ブロッコリーもヤングコーンも最近、個人的に特によく使うようになった野菜ですけれど、ブロッコリーの茎の部分がなかなか良い感じ。
ヤングコーンは、意外に使い勝手が良いです。
若干、マンネリ化しつつあるけれど、ほのかなコーン風味は、嫌いじゃなければ、飽きない味わいでもありますよ。

あと、オクラをムスリム家庭風にって思ったけれど、サブジとカブるしって事で、少々スパイス詰めて、フライド・オニオンの揚げ油を使って素揚げにしたところに、塩、ブラックペッパー、コリアンダー葉なんかもちょっと足して、ヨーグルト和えにするとしました。
インド的に強いて言えば、ライタですかね。

そして、ごはんは、フライド・オニオン入りの炊き込みごはんにしました。

【今夜のインドごはん】
「バター・プローン」
「スティック・ブロッコリーとヤングコーンのサブジ」
「オクラのライタ」
「オニオン・プラオ」






2011年03月15日

●自家製「北インドのチャナ・マサラ」

ヒヨコマメを使った北インド風味付けのマサラ。
今回も例によってカスリメティが入っておりますけれど、アムチュールと言う未熟マンゴーを干して粉末にしたものを使います。
今夜は、アムチュールを使っても良かったけれど、さらにそれに岩塩やらヒングやらほかにスパイスがミックスされたチャット・マサラを使用しました。
殆どの場合フレッシュトマトを使うのですけれど、これには缶詰のカットトマトを使用することが多いです。
とりあえず、段取りせずに済し崩し的に作り始めました。
といっても、ヒヨコマメだけは、まる1日以上浸水させてはありまして、それを水煮しつつ、タマネギを切ったり、ホールスパイスを準備したりからスタートです。
タマネギを強火で炒めながら、ガーリック&ジンジャーのペーストを作ったり、コリアンダー葉やらシシトウを切ったり、缶詰のカットトマトをタッパー式のジップロックにあけたりして作り進めました。
ついでに、別の料理の準備である、チキンの仕込みもここで完了。
作業が追いついてきたので、あとは一気に仕上げちゃいました。

ごはんもスイッチオン。

からの、サブジの準備と調理。
適当とは言いながら、おさえるポイントはありますけどね。
ポイントを外すと、ぼんやりした味わいになっちゃうので、一定以上の仕上がりを求めるなら注意が必要。
カチュンバルを仕上げて、チキンも調理してと、この辺りで、ググッと加速モード。
ブナ・ティッカのスターターは、クミン・シードとコリアンダー・シードだったかもしれないけれど、今夜は、クミン・シードのみ使用しました。

まぁなんか、作り過ぎちゃいました。
食べ過ぎには注意しなくては。
体重が増えてしまいそう。
でも食が進むから。
ちょっと怖い!

【今夜のインドごはん】
「北インドのチャナ・マサラ」
「チキン・ブナ・ティッカ」
「ブロッコリーと鳴門金時のサブジ」
「根菜のカチュンバル」
「サフラン・プラオ」







2011年03月12日

●東日本巨大地震(東北地方太平洋沖地震)について

この度の大地震ならびに大津波により犠牲になられた方々へ、謹んで哀悼の意を表します。
被災された皆様とそのご家族ご親族の皆様へは、心よりお見舞い申し上げます。

2011年03月11日

●自家製「スティッック・ブロッコリーとヤングコーンのクルマ」

【東日本巨大地震(東北地方太平洋沖地震)について】
この度の大地震ならびに大津波により犠牲になられた方々へ、謹んで哀悼の意を表します。
被災された皆様とそのご家族ご親族の皆様へは、心よりお見舞い申し上げます。


今夜は、南インド料理を作る日でしたので、予定通り実施しました。
先日から、色々と試していたものも含めて、ちょっと工夫と改善を加えてやってみました。

先ずはクルマから。
具材は、先日から、ポリヤルとか北インド風な蒸し焼き物にも使っていましたけれど、これは、煮物にも使えるという判断(たいした判断ではなく単なる経験則)で、スティック・ブロッコリーとヤングコーンを起用しました。
ココナッツの感じもそこそこ良いですね。
クルマの特色は、“ポピーシード”(ケシの実)ですけれど、全体の風味を支える“ギー”の役割も欠かせませんね。
あと、そのギーに香りを移すホール・スパイスの選択によって、より南インドな個性が出ます。

次に、ジャガイモのロースト。
これは、極々シンプルです。
シンプルなだけに、蒸し焼きに力を注ぎます。
前回作ったときは、“蒸し”はホクホクに行っていたけれど、“焼き”って感じが甘い気がしたので、今回は、しっかり“焼き”に注力してみました。

ラッサムは、先日作ったのよりも水分量を増やしてみました。
これは、ヒットです。
分かる人が食べたら、“ムング・ダール使ったでしょう?”って訊かれるに違いないけれど、そこ以外は、ラッサムです。
多分、“市販のトマトジュースを使ったでしょう?”って訊く人は、あんまりいないんじゃないか?って思います。個人的にはたぶん見分けつかないな。
これは、今後も作ろうと思います。

最後に、簡単ミックスライスの代表格と言っては過言ですけれど、ギーライス。
これは、特に無いです。
普通に何時も美味しく出来ます。
今回は、ギー、クミン・シード、ウラド・ダール、タカノツメを炒め合わせて、塩、ミジン切りシシトウ、同コリアンダー葉を、炊いておいたジャスミンライスに和えてみました。

ターリー(インド製のお皿)に盛り付けて召し上がれ!
ローストとクルマが終わったら、ラッサムをかけてね!

【今夜のインドごはん】
「ブロッコリーとヤングコーンのクルマ」
「トマトジュースと挽き割り緑豆のラッサム」
「ポリヤル」
「ギーライス」






2011年03月10日

●自家製「トマトジュースと挽き割り緑豆のラッサム」

今夜はラッサムです。
そう言えば、ペッパー・ウォーター(って言ってたな?)て考えたとき、ダールやニンニク、タマリンドまでもが脇役って事か?って思ったりして。さらには、トマトなんて、関係ないよね。ってなところまで行き着いちゃいました。
それにしても、私には、トマト無しでラッサムを整える手腕は無いですね。
でも、タマリンドは必須でもないかもしれないな?とは思いますね。
とは言え、ヒングは省きたくない。そして、ニンニクも入れよう。
ダールは?無くても良いけれど。
トゥール・ダール煮込み&茹で汁等が入らないバージョンのラッサムは無い訳ではなくて、アーンドラ・プラデーシュ辺りでは、チャールって言うみたいだけど。

そんな訳で、今回は、トマトは、フレッシュ・トマトではなくトマトジュースを使ってみました。
ダールは、トゥール・ダールではなくて、ムング・ダールを使いました。
あと、タマリンドは、省略しました。
ほかは、オーソドックスに、ラッサムに使いそうな材料は使いしまた。

本日は、塩加減控え気味です。
ゴクゴクいけるって感じですかね?ただまぁもっと水を多く足すべきでした。
意外に美味しい。ホントに美味しい。そんな感じ。