« 第7回インド料理食事会in神戸~渡辺玲さんを囲んで~報告1 | メイン | 第7回インド料理教室in大阪~渡辺玲さんを迎えて~報告 »

2011年11月12日

●第7回インド料理食事会in神戸~渡辺玲さんを囲んで~報告2

センセーショナルな展開に圧倒され続けた前半戦でしたけれど、そのやや放心状態的な余韻を楽しんでいるや否や後半戦のお料理が容赦なくどんどこ運ばれてきます。
これってインド的歓迎の流儀か何かなんですかね?
なんだかまだまだ凄い事になりそうな予感は、ここに来た参加者全員がしたハズ!

私が察するところ、この時点で、参加者全員の好奇心はたぶん既にマックスで、しかも、ずーっと振り切っております。
それぞれにほどよい満足感と高いテンションを少しは落ち着けようと多少自分に言い聞かせながら、さらに畳み掛けるが如く南インド家庭料理の真髄が披露されようとする様を、皆が固唾を呑んで見守る様にして待ったに違いありません。
お料理が取り分けられる前に、先ずは、“カメラをお持ちの方は前の方へお集まりください!”って事で、緊張感みたいな不思議な感覚が解ける様に、暫し、テーブルに並んだお料理の撮影会となりました。

今回の食事会のために、お店の方が、沖縄の知人からバナナの葉っぱを取り寄せられたのだそうで、各自に配られるお皿には、バナナの葉っぱが敷かれました。
ここでひとつ南インドな雰囲気を演出する心遣いに感謝です!
ひとりひとりのお皿に、盛り付けてくださって、配膳はスムーズに行きました。
バナナの葉っぱのお皿には、カボチャのマサラ(トマトのマサラベースにカボチャを合わせてスパイシーに蒸し煮したカレー)、オクラのフライ(ヒヨコマメの粉を塗して揚げたオクラをピーナッツなどとスパイシーに炒め合わせたカレーリーフが香るドライなカレー)、チキン・ピックル(これはノンベジ)、ごはん(ジャスミンライスではないタイ産のお米だと思う)、チャパティ、パパドが美しく盛り付けられて、さらに、サンバルとラッサムが配られました。
家庭的な温かさが溢れ出る様な一皿に、気分がグンと盛り上がります。
前半のあの怒涛の攻勢にもかかわらず、食べます食べますナンボでもって感じで、ワシワシ行きますよね、これは。
現地だったら、手食するかなぁって思う感じですが、私はそう言うテンションでもあったけれど、今回は、スプーンで食べました。あれっ?お箸で食べたんだっけ?勿論、参加者の皆さんの中には、手食の方もいらっしゃいました。
とにかくお料理は、とっても美味しいのです。なので自然と皆さん笑顔だったと思います。

ひととおり食べ終わりますと、デザートに、パヤサムが配られ、さらに温かいチャーイも出てきました。
ここに初めて伺った際に、サービスと言って出していただいたパヤサムが強烈に印象に残っていたので、ぜひにとリクエストしてあったのです。
やっぱり美味しい。
そろそろ“宴もたけなわではありますが....”って言おうと思ったところ、なにやら運ばれてきました。
なんと、土日限定のハイデラバーディ・ビリヤニのその日最後の一皿をって事で出して頂いたのでした。
現地インドの家庭に招かれた感じと錯覚しそうなくらい、参加者全員がインド家庭料理にのめり込んだ2時間程の小旅行から、実に豪華なフィナーレを迎え、その感嘆が止まないうちに無事帰還です。

『インダスレイ』は、普通にすれば今後必ず流行るお店なんじゃないか?って感じます。
個人的には、お家から遠いのが若干ネックですけれど、定期的に、食事会オフとか企画できないかなぁ?なんて思ったりもします。








コメント

ほんとに、今度の食事会は、人生で心に残る食事トップ10(大げさですが)に間違いなく新たにランクインした、素晴らしいお食事でした。
あの内容・雰囲気で、このお値段はありえへんよなーと信じられなかったのですが、舞台裏でのご苦労が伺えました。フレッシュカレーリーフもとても香っていましたね。ほんとにありがとうございました。
スプーンと一緒にお箸がさりげなく置かれていたのも、「無理しないで好きなように食べてね」という感じのナイスなサービスでしたね。ただ、バナナの葉っぱでミールスが出た時、お店の方が「手で食べてくれると嬉しい」とおっしゃったので、これはもう、手食でいただくしかないかと(笑)。
私も一人では滅多に行けないので、ひそかにオフ会期待しています(笑)。

マーヤさんこんばんは。

食事会にご参加くださり有り難うございました。そして、いつも料理教室の班長受けて頂いて有り難うございます。
『インダスレイ』凄かったですね。またお店に行って次の展開を相談してみたいと思います。
頻繁にとまでは行かないと思いますけれど、今後このお店でのオフ会企画やってみたいです。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)