« 自家製「インドごはんお弁当」第3弾 | メイン | インダスレイ(神戸市/元町) »

2012年02月15日

●自家製「インドごはんお弁当」第4弾

性懲りもなく、今朝もまたお弁当作りに勤しんだのですよ。

本日も南インド特集です。

本日のメインは、鶏肉を使ってみました。しっかり濃いマサラに絡めて、ブラック・ペッパーの風味が利いています。また、南インド料理では、材料として、あまり登場しないのですけれど、ガラムマサラを使っております。

副菜は、カボチャのポリヤル。フェンネルとメティ(フェヌグリーク)の風味に仕上げています。こちらは、定番中の定番ポリヤルだけど、現地では、あまり食べた記憶がありません。もしかしたら、現地のものを日本の野菜に置き換えるとカボチャになるってやつですかね?
いやいや、やっぱり現地でもカボチャは使うよねきっと。

シャーク・プットゥと書いたけれど、サメがどうした?って、これは、小さいサメを使っています。私が住むこの辺では、ネコザメとかシロザメとかを湯引きして、酢味噌で食べる習慣があるみたいだけれど、私は、南インド風に、そぼろにしておりますよ。

本日は、ミックスライスはやめて、白ごはんです。
そぼろのカレーは、白ごはんにまぶして食べるのが美味しいし、ラッサムも作ったから。
ちなみに、ラッサムですが、この透明感は“こだわり”です。ラッサムてのは、ドロドロしちゃいけません。

そんな訳で、本日もお弁当持ちです。

【本日のインドごはんお弁当】
上段
「チキン・ペッパー・フライ」
中段
「カボチャのポリヤル」
「シャーク・プットゥ」
下段
「ごはん(ジャスミンライス)」
別盛り
「ラッサム」






コメント

また今日も豪華なランチですねー。
ところで鮫といえば、私の田舎で、母がたまに棒ザメの煮付けを作っていました。これも時々懐かしくなる味なのですが、関西では棒ザメを見かけないので寂しく思っていました。でも、そちらでは鮫が食卓に上るのですね。鮫カレー、美味しそうです。
インド料理に接していると、田舎で食べていた食材に再会するようでおもしろいです。

こっちの方では、湯引きしたフカを酢味噌で食べるみたいで、それはそれで美味しいものです。
私は、地元出身じゃないので、こっち来て初めて知りました。
チェンナイでは、メニューにあがっているお店はちらほら見たのですが、私が行くタイミングの問題なのか?何時も切らしていて、食べられたことがありません。
食文化を辿ると意外な共通点や繋がりが発見できるかもしれませんね。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)