« 自家製「インドごはんお弁当」第4弾 | メイン | 第六回南アジア料理サークル »

2012年02月16日

●インダスレイ(神戸市/元町)

久々神戸にて。
本日は、週末に料理会で作るスパイス等不足しているものを補充するために、お店が閉まる午後8時までに神戸へ行かなければならなかったのでした。
職場を午後5時半に退社して、お家経由午後6時1分の新快速に乗車し大阪駅へ到着したところ神戸線がダメダメで、三ノ宮へは普通列車しか行かない状況。なんか、明石の方で、特急列車「スーパーはくと10号」が2トントラックと衝突した事故の影響らしい?ですね。
チンタラしてられないので、代替の阪急電車に乗り換えて三宮の着いて、時間的にはセーフ。
必要なものは、とりあえず替えました。
午後8時でお腹も空いたので、こちらへお邪魔することに。

アーンドラのフィッシュ・フライ食べい気分なので、注文することに。
アーンドラのスパイスを塗したお魚を揚げた感じのやつです。
ビールが進む感じのお良です。
もうちょいダイナミックな中華のから揚げと較べて、やや大人しい感じですかね?上品とまでは行かないので、お気軽にパクつく感じで頂きました。

あと、なんかスープみたいなあったかメニューが出ていたので、それも頼むことに。
Lamb Maragだそうで、もとは、アラブから来ているお料理で、ハイデラバードでとってもポピュラーなお料理みたいです。
これは好きじゃないスパイス感ですね。まぁ好きな人は好きなのでしょうけれど。
このお店の料理は美味しいという刷り込みがある私なので、多少なら、あばたもえくぼな傾向なハズなのですけれど、これはノーグッドです。
せっかく入っているラムが生かされていなくて、スープもスパイススパイスして、出汁っぽくもない。臭く無いのが救いですかね?たとえるなら、我流でスープカレーを研究して作りましたみたいな味わい。
まぁ、百歩譲って好みの問題としておきましょう。
個人的には、チェンナイのタージなんとかに入っているレストラン等で頂くラム・ラッサムとかの方がイイです。
お腹いっぱいになったので、帰路に。

お家に着いてから、近所迷惑を省みず、明日の希望のために、サンバル・パウダー作りです。










コメント

こんにちは。
インダスレイさんって、ビリヤニは凄いのに南インドランチセットが??な内容だったりして、メニューによって当りはずれが大きいと思います。同じような意見も多く聞くので、いつもエスニック料理を食べ歩いているお友達と3月にディナータイムに食事会をすることにしました。
先日、店を訪問してサリタさんに相談したところいろいろ提案してくれましたが、何か無難な内容だったので現在保留中です。参加者はかなり猛者たち(笑)なので、思い切ってベジのアーンドラ料理でまとめてみたいと思います。

インダスレイさんは有名店ではありますが、けっして繁盛店ではないと思われます。サリタさんもメニューについてはいろいろ悩んでそうな感じでしたね。

南インドランチは、サンバルとラッサムがあれば、メニュー構成的には可としましょう。
何れもアーンドラの味なので、タミルやケララとは違うと言う認識で接するのがイイのでしょうね。
基本、美味しいと思うので、あとは、好みの問題ですかね。

昨年イベントを企画した際も、ほぼベジだけで構成してもらったのですけれど、かなり満足でしたよ。

「南インドランチセット」なんですけど、サンバルとラッサムはいいのですが、いかんせんオニオンパコラが冷えて固くなっていて美味しくないので、作り置きしても味の劣化が少ない、何かドライなおかず的なものの方がいいと思うのですが・・・。
とにかく私の周りではパコラの評判が良くないですねえ。それにあの内容なら価格も1000円以内かと。

基本、私たちは、お客さんだから、好みでなければ、わざわざお店に足を運ばなければいいだけだと思いますよ(^^)/
私は、このお店のファンなので、色々とあるでしょうけれど、全部コミで、今後とも楽しみたいと思っています(^^)v

みつおさんやお友達な皆さんも、ぜひここのイイところを引き出して頂ければ嬉しいですw

横からすみません。
お二人のコメントを(記事本文も)興味深く読ませていただきました。
私もインダスレイさんのイベントでいただいたお料理の美味しさと驚きと雰囲気がいまだに忘れられませんが、読ませていただいて、かえって興味が深まりました。私もできるだけ早く再訪したいなぁと思ってしまいました。

> マーヤさん

現地に行けば話は別なのですが、例えば、Maragがどんな料理かはさておき、Maragがハイデラバードでとても人気があるお料理であると言うような事を知るかあるいは検索する機会を得る事は、ここ以外で殆ど可能性がなかったと思うのですよ。

私にとっては、ここのお店を教えて頂いた方も含めて、いろんな意味で貴重な存在なのですよ。

またいっぺんハイデラバードの今を特集した食事会とかやりたいものですね。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)